IWASAKIテクニカルレポート

技術資料

照明環境シミュレーションシステム「iVR-360™」

弊社は,これまでに光環境評価技術として3DCGを用いた照明設計手法を確立し,さまざまな照明施設の設計,提案に活用してきた。図1に異なる視点からシミュレートした照明環境を示す。

従来の3DCGを用いた技術では,あらかじめ設定された視点と視線方向の照明環境のシミュレーションしか行えなかった。また,近年注目されている技術としてバーチャルリアリティ(以下,VR)があるが,VRは仮想空間を自由に動き回ることができるものの,照度や輝度といった物理的な測光量を定量的に評価することはハードウェアの計算処理上の問題で困難である。

そこで,3DCGを用いて,光学的に算出した照度,輝度の数値情報を有する360°パノラマハイダイナミックレンジ(以下,HDR)画像を作成し,それを用いた照明環境シミュレーションシステム「iVR-360」を開発した。

キーワード

照明環境シミュレーションシステム,iVR-360™,VR,輝度,照度

Backnumber


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ