Home > IWASAKIテクニカルレポート > 技術資料 > LEDioc® LEDアイランプ® ハロゲン電球形 7W

技術資料

LEDioc® LEDアイランプ® ハロゲン電球形 7W

製造統括本部 照明部 第二商品開発課 大野 篤史
製造統括本部 照明部 LEDオプトデザイン課 小林 勇太
製造統括本部 生産技術部 グローバルものづくり推進課 對馬 悟

キーワード

LEDアイランプ®,ハロゲン電球,長寿命,省エネ,調光

1.はじめに

現行の「LEDアイランプ® ハロゲン電球形 5W」は発売から4年以上が経過しており,さらなる高性能化が要求されているためリニューアルを行った。

また,5W形では明るさが不足しており,LED化による節電ニーズに対応できていないことから,JDR100W形の代替光源として開発を行った。

2.商品概要

本商品は,配光は中角タイプと広角タイプの2種類,色温度は電球色タイプと白色タイプの2種類,計4種類を用意した。

図1にランプ外観図を,表1に商品仕様を,表2に品種一覧を示す。

(a)電球色タイプ

(a)電球色タイプ

(b)白色タイプ

(b)白色タイプ

図1 ランプ外観図

表1 商品仕様
代替光源 JDR100W
口金 E11
入力電圧 100V
周波数 50/60Hz共用
消費電力 7W
平均演色評価数 Ra83
定格寿命 40000時間
外径 ø50mm
全長 72.5mm
質量 85g
使用温度 +5~35℃
点灯方向 任意
表2 品種一覧
製品名 LEDioc® LEDアイランプ® ハロゲン電球形 7W
種類 中角タイプ 広角タイプ
電球色 白色 電球色 白色
形式 非調光形 LDR7L-M-E11 LDR7W-M-E11 LDR7L-W-E11 LDR7W-W-E11
調光対応形 LDR7L-M-E11/D LDR7W-M-E11/D LDR7L-W-E11/D LDR7W-W-E11/D
ビーム角(°) 18 32
相関色温度(K) 2700 4000 2700 4000
全光束(ℓm) 850 940 860 950
ビーム光束(ℓm) 307 342 420 454
最大光度(cd) 5000 5200 2200 2300
固有エネルギー消費効率(ℓm/W) 121.4 134.3 122.9 135.7

3.特長・機能

3.1 業界最高水準の明るさ

独自の光学設計と放熱設計により,ø50の反射形LEDハロゲン電球では,現時点で業界最高の最大光度5000cd(2700K時)の明るさを達成した。全光束値は950ℓm(電球色は860ℓm),固有エネルギー消費効率は135.7ℓm/W(電球色は122.9ℓm/W)と,従来品(5W形)の86ℓm/Wから大幅に効率を改善した。

従来形ハロゲン電球100W形相当の明るさをわずか7Wの消費電力で実現しており,既設器具のランプを交換するだけで大きな節電効果が得られる。

図2のハロゲン電球との配光比較で示すとおり,省電力化しながら同等以上の明るさを実現している。

図2 ハロゲン電球との配光比較

図2 ハロゲン電球との配光比較

3.2 自然な広がりのある背面光

図3 背面光イメージ

図3 背面光イメージ

照射エリアの輪郭部に透過性樹脂部品を使用することで,自然な広がりのある配光でハロゲン電球の点灯イメージを損なわず,ハロゲン電球特有の背面光も実現した。これにより従来ハロゲン電球と変わらない空間イメージや明るさ感を表現しながら大幅な省エネが実現できる(図3)。

3.3 40000時間の長寿命

独自の放熱設計によってLEDと電源部への熱負荷を軽減し,ハロゲン電球の4.4倍の定格寿命40000時間を達成した。

3.4 位相制御調光器に対応(調光対応形のみ)

ハロゲン電球を調光する際に使用される位相制御調光器に対応し,調光器が設置されている施設への代替提案を可能にした。

3.5 高い演色性

高効率でありながらRa83と優れた演色性のLEDを採用し,色の見え方や再現性の自然な演出が可能となった。

3.6 にじみのない自然な影

図4 LEDパッケージの違いによる影のイメージ

図4 LEDパッケージの違いによる影のイメージ

シングルコアLEDパッケージをレンズで制御することで,影がにじまず,美しい配光を実現した。

図4にLEDパッケージタイプの照射比較を示す。

4.おわりに

今回,従来品(5W形)から大幅に性能を向上させ,省エネで高出力なランプにリニューアルしたことで,従来形ハロゲン電球100W形の代替えが可能となった。また,他社に先駆けてø50製品でJDR100W相当品の明るさを達成し,「背面光」と共に付加価値のある商品開発ができた。

今後の課題としては,需要を見極めたうえで「高演色」や,「多色」タイプの商品展開を探っていきたい。

この記事は弊社発行「IWASAKI技報」第34号掲載記事に基づいて作成しました。
(2016年5月10日入稿)


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ