Home > IWASAKIテクニカルレポート > 技術資料 > LEDトンネル照明器具 LEDioc TUNNEL™ KAEシリーズ

技術資料

LEDトンネル照明器具 LEDioc TUNNEL™ KAEシリーズ - 国土交通省向けアルミきょう体 -

国内事業本部 国内商品開発部 商品開発課 北原 隆之,浅見 英一,沼田 智,黒崎 優作
国内事業本部 国内商品開発部 LEDオプトデザイン課 三島 由紀子

キーワード

LED,トンネル照明器具,LEDioc TUNNEL™,アルミきょう体,省エネ,配光制

1.はじめに

NEXCO標準仕様書ではアルミきょう体が標準仕様化され,各社がアルミきょう体のトンネル照明器具を開発しており,国土交通省様向けにもアルミきょう体の提案を始めている。

また,各社の提案の中で,アルミきょう体はステンレスきょう体に比べて3~4割のコストダウンをしており,ステンレスきょう体での提案では受注が困難となっている。

弊社としても,トンネル照明用アルミ新きょう体を早急に開発し,国土交通省様向け,NEXCO様向けのラインアップを揃える。

2.商品概要

本シリーズは入口照明,基本照明の2種類があり,それぞれに出力別のラインアップを展開している。また,調光可能なタイプも用意している。

器具の外観図を図1に,共通の商品仕様を表1に示す。また,入口照明のラインアップを表2に,基本照明のラインアップを表3に示す。なお,表2,表3中の外観図番号は,図2の番号と対応している。

図1 外観図

表1 商品仕様
材質 本体 アルミニウム(押出材A6063)
端板 アルミニウム(ADC12)
前面ガラス 強化ガラス
取付脚 ステンレス
仕上色 グレイ(マンセルN7)
入力電圧 200~240V
周波数 50/60Hz共用
光源色 昼白色タイプ
相関色温度 5000K相当
平均演色評価数 入口照明:Ra65
基本照明:Ra70
定格寿命 90000時間
保護等級 IP55
使用温度範囲 -20℃~+35℃
耐雷サージ 15kV(コモンモード)
光学系 入口照明:ミラー
基本照明:レンズ
電源ユニット 初期光束補正機能付
表2 入口照明 品種一覧
建電協形式(参考) 外観図番号 種類 形式 本体長さ(mm) 定格光束(ℓm) 消費電力(W)*1 皮相電力(VA)*2 質量(kg)
KWE030B 一般形 KAE03510B-SAJ2 520 3500 20.7 23 4.3
調光形 KAE03510B-D1(2,13)SAJ2 4.4
KWE070B 一般形 KAE07010B-SAJ2 520 7000 39.6 45 4.6
調光形 KAE07010B-D1(2,13)SAJ2 4.7
KWE100B 一般形 KAE10010B-SAJ2 520 10000 60.0 67 4.8
調光形 KAE10010B-D1(2,13)SAJ2 4.9
KWE150B 一般形 KAE15010B-SAJ2 750 15000 88.2 99 6.4
調光形 KAE15010B-D1(2,13)SAJ2 6.5
KWE200B 一般形 KAE20010B-SAJ2 750 20000 117 131 6.8
調光形 KAE20010B-D1(2,13)SAJ2 6.9
KWE250B 一般形 KAE25010B-SAJ2 1200 25000 149 167 9.5
調光形 KAE25010B-D1(2,13)SAJ2 9.6
KWE300B 一般形 KAE30010B-SAJ2 1200 30000 179 200 9.8
調光形 KAE30010B-D1(2,13)SAJ2 9.9
KWE350B 一般形 KAE35010B-SAJ2 1420 35000 205 230 11.4
調光形 KAE35010B-D1(2,13)SAJ2 11.5
一般形 KAE40010B-SAJ2 1420 40000 234 262 11.7
調光形 KAE40010B-D1(2,13)SAJ2 11.8
  • 注)*1)消費電力は200V時の値,初期光束補正機能による90000時間の平均値。
    *2)皮相電力は200V時の値,90000時間経過後の最大値。
  • ※調光形形式のDを含む記号は,調光のタイプを示す。
    (D1:100%,50%の2段調光,D2:100%,50%,25%の3段調光,D13:100%,75%,50%,25%の4段調光)
表3 基本照明 品種一覧
建電協形式(参考) 外観図番号 種類 形式 本体長さ(mm) 定格光束(ℓm) 消費電力(W)*1 皮相電力(VA)*2 質量(kg)
KWE030BL 一般形 KAE03510BL-SAJ2 520 3500 22.5 25 4.5
一般形 KAE04110BL-SAJ2 520 4100 26.0 29 4.5
KWE045BL 一般形 KAE05310BL-SAJ2 750 5300 32.9 37 5.7
調光形 KAE05310BL-D1(5)SAJ2 5.7
KWE060BL 一般形 KAE06310BL-SAJ2 750 6300 40.2 45 5.7
調光形 KAE06310BL-D1(5)SAJ2 5.7
KWE070BL 一般形 KAE07410BL-SAJ2 750 7400 47.1 53 5.9
調光形 KAE07410BL-D1(2,3,5)SAJ2 6.0
KWE090BL 一般形 KAE09010BL-SAJ2 750 9000 58.2 65 6.3
調光形 KAE09010BL-D1(2,3)SAJ2 6.4
一般形 KAE11010BL-SAJ2 1200 11000 69.1 77 8.4
調光形 KAE11010BL-D1(2,3)SAJ2 8.5
KWE120BL 一般形 KAE13410BL-SAJ2 1420 13400 86.8 97 8.7
調光形 KAE13410BL-D2SAJ2 8.8
  • 注)*3)消費電力は200V時の値,初期光束補正機能による90000時間の平均値。
    *4)皮相電力は200V時の値,90000時間経過後の最大値。
  • ※調光形形式のDを含む記号は,調光のタイプを示す。
    (D1:100%,50%の2段調光,D2:100%,50%,25%の3段調光,D3:100%,50%,32%の3段調光,D5:100%,63%の2段調光)
図2 外観図一覧

3.特長・機能

3.1 ガラス固定構造の変更

ステンレスきょう体では,前面カバー(ガラス)はヒンジ,ラッチによる開閉方式だったが,アルミきょう体ではこのヒンジ,ラッチ方式を廃止し,押出本体内に設定したレール部にガラス固定用金具を入れ,この金具にガラスを固定する方式とした(図3)。

この方式により,清掃時などに障害となっていたガラス面からの突起を無くして部品点数も削減をしつつ,内部ユニットの交換が必要となった場合に器具内へのアクセスも可能となった。

図3 前面ガラスの固定構造

3.2 小形・軽量化

きょう体の材質をステンレスからアルミニウムへ変更したことで,大幅な小形,軽量化が可能となった。また,ステンレスきょう体では,2種類のきょう体で各仕様に対応していたが,アルミきょう体ではアルミ押出しの利点を活かして,4種類のきょう体サイズを用意した。

表4にきょう体サイズの比較を示す。

アルミきょう体

ステンレスきょう体

表4 きょう体サイズ比較
形式 W
(mm)
H
(mm)
D
(mm)
質量
(kg)
形式 W
(mm)
H
(mm)
D
(mm)
質量
(kg)
ステンレスきょう体
(LEDioc TUNNEL Ver.5 コンクリート舗装仕様)
アルミきょう体
入口照明 KWE03530 550 420 155 10.4 KAE03510B 520 130 100 4.3
KWE07030 11.1 KAE07010B 4.6
KWE10030 11.4 KAE10010B 4.8
KWE15030 12 KAE15010B 750 6.4
KWE20030 13.5 KAE20010B 6.8
KWE25030 740 9.5 KAE25010B 1200 16.7
KWE30030 17.2 KAE30010B 9.8
KWE35030 17.6 KAE35010B 1420 11.4
KWE40030 18.2 KAE40010B 11.7
基本照明 KWE-070 550 420 155 10.9 KAE03510BL 520 130 100 4.5
KWE-075 10.9 KAE04110BL 4.5
KWE-095 11.1 KAE05310BL 750 5.7
KWE-115 11.9 KAE06310BL 5.7
KWE-150 11.9 KAE07410BL 5.9
KWE-190 11.9 KAE09010BL 6.3
KWE-230 12.7 KAE11010BL 1200 8.4
KWE-450 12.7 KAE13410BL 8.7

4.おわりに

国土交通省様向けアルミきょう体の開発により,トンネル照明器具の入口照明,基本照明のラインアップができた。

今後,国土交通省様向けのバッテリ仕様への対応や,NEXCO様向けの各種配光対応,地方自治体向け小断面対応等,ラインアップ拡充を検討,開発する。

この記事は弊社発行「IWASAKI技報」第37号掲載記事に基づいて作成しました。
(2017年11月13日入稿)


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ