Home > IWASAKIテクニカルレポート > 技術資料 > LEDioc LEDライトバルブ™ パズー用 132W/152W

技術資料

LEDioc LEDライトバルブ™ パズー用 132W/152W

製造統括本部 照明部 第二商品開発課 大野 篤史,関根 守幸
製造統括本部 照明部 LEDオプトデザイン課 小林 勇太
製造統括本部 照明部 LEDエンジニアリング課 斉藤 彰男

キーワード

LEDライトバルブ™,パズー用,長寿命,省エネ,道路灯,温度保護機能

1.はじめに

当社では,2014年に道路灯用LEDランプ「LEDioc LEDライトバルブS」を発売したが,既存道路灯「PAZU®(パズー)」はHIDランプ専用の配光設計であるため,このLEDランプでは配光性能を満たすことが難しく対応できていなかった。そのため,新たに道路灯パズーに対応するLEDランプの開発を行った。

2.商品概要

図1 ランプ外観図

本商品LEDioc LEDライトバルブ パズー用は,132Wタイプと152Wタイプの2種類(外観共通)を用意している。図1にランプ外観図を,表1に商品仕様を示す。なお,本ランプの点灯には表1に記載の電源装置が必要である。

表1 商品仕様
品種 132Wタイプ 152Wタイプ
形式 LDS132N-G-E39F LDS152N-G-E39F
適合電源形式 WLE175V830M1/24-1 WLE185V900M1/24-1
口金 E39
順電圧(V) 159 169
順電流(A) 0.83 0.9
ランプ電力(W) 132 152
全光束(ℓm) 20000 22000
固有エネルギー消費効率(ℓm/W) 132.4(100V)
136.9(200/242V)
128.6(100V)
134.1(200/242V)
相関色温度(K) 5000
平均演色評価数(Ra) 70
定格寿命(h) 40000
光束維持率(%) 80
寸法 全長(mm) 202
外径(mm) ø95
質量(g) 470(防振パッキン含む)
使用温度範囲(℃) -20~+40

3.特長・機能

3.1 配光性能指標に適合

図2 適合器具

本ランプが適合する道路灯パズー「KSH-2/H7718(ストレートポール式)」や「KSH-2/H7118(アーム式)」(図2)と組み合わせる場合は,「LED道路・トンネル照明導入ガイドライン(案)」の配光性能指標を満足する。

152Wタイプは,当ガイドラインにおける平均路面輝度1.0cd/m²に対応し(表2の設計条件タイプa,b),132Wタイプは,平均路面輝度0.7cd/m²と0.5cd/m²に対応する(表2の設計条件タイプf,g,k,l)。また,輝度分布図は図3のようになる。

表2 配光性能指標適合について
設計条件タイプ a b c d e f g h i j k l
道路分類と
設計条件
平均路面輝度 1.0cd/m² 0.7cd/m² 0.5cd/m²
道路分類 一般国道 自動車
専用道等
一般国道 自動車
専用道等
一般国道
車線数 2 3 2 2 3 2 2
歩道有無

152Wタイプ適合 132Wタイプ適合

(a)LEDioc LEDライトバルブ パズー用 132Wタイプ(平均路面輝度0.7cd/m²以上)

  • ※設計条件:道路幅員7.0m 取付高さ10m 取付角度0° 取付間隔40m Oh=-0.7m 保守率0.7 アスファルト舗装C2 qo=0.07
    照明器具形式:KSH-2/H7118(KSH-2/H7718)
平均路面輝度 0.96cd/m²
総合均斉度 0.45
車線軸均斉度(走行車線) 0.51
車線軸均斉度(追越車線) 0.57
グレア(TI値) (走行車線) 5.4%
グレア(TI値) (追越車線) 5.2%

(b)LEDioc LEDライトバルブ パズー用 152Wタイプ(平均路面輝度1.0cd/m²以上)

  • ※設計条件:道路幅員7.0m 取付高さ10m 取付角度0° 取付間隔40m Oh=-0.7m 保守率0.7 アスファルト舗装C2 qo=0.07
    照明器具形式:KSH-2/H7118(KSH-2/H7718)
平均路面輝度 1.08cd/m²
総合均斉度 0.45
車線軸均斉度(走行車線) 0.51
車線軸均斉度(追越車線) 0.57
グレア(TI値) (走行車線) 5.6%
グレア(TI値) (追越車線) 5.3%

図3 輝度分布図

3.2 レトロフィット

図4 交換イメージ

既設の照明器具が道路灯パズー「KSH-2/H7718」と「KSH-2/H7118」である場合は,器具自体がそのまま利用できるので,ランプと安定器を交換するだけでLED化が可能となる(図4)。

3.3 空冷ファン採用

ランプの放熱部にはフィンと空冷ファンを追加した。空冷ファンにより器具内空気を循環させ,ランプが発する熱を器具本体に伝えることで,器具全体で放熱を行う強制空冷方式を採用している。

3.4 高効率モジュールの採用

LEDは高効率モジュールを採用し,固有エネルギー消費効率は132Wが136.9ℓm/W(200V時),152Wが134.1ℓm/W(200V時)と,高圧ナトリウムランプ(180Wで111ℓm/W)を超える高効率を達成した。

高圧ナトリウムランプ180Wから本商品に置き換えた場合,20%の消費電力が削減可能となった(200V時)。

3.5 初期光束補正

電源に内蔵したマイコン電流制御により,点灯開始から寿命末期まで一定の路面輝度を保ち,点灯初期の過剰な明るさを抑えることで,エネルギー消費量を削減している。

3.6 ランプの緩み防止対策

口金部にシリコン製の防振パッキンを組み付けており,地震や環境の振動で口金が緩むのを防止することができる。

3.7 使用温度範囲

使用可能な温度範囲は-20℃~+40℃で,寒冷地での使用を可能とした。ただし,組み込む器具の使用温度範囲がこの温度範囲より狭い場合は,その器具側の使用温度範囲が適用される。

3.8 安全機能(ランプ部)

ランプ部が高温になった場合,自動消灯する温度保護回路を搭載し,異常発熱時の事故を防止する。ランプが点滅することを防ぐため,温度が下がっても自動復帰はしないようになっており,点灯には電源の再投入が必要である。

3.9 安全機能(電源部)

絶縁回路を採用し,万が一LED回路(二次側)の片側に触れても感電しない構造としている。また,過電流保護機能によって,規定値以上の電流が流れた場合に動作する非復帰方式のヒューズを内蔵し,過電流による事故を防止する。

4.おわりに

本商品で,道路灯パズーに対してLEDランプでのレトロフィット対応を実現した。今後,さらなる性能の向上を実現するべく,開発を進めていく。

この記事は弊社発行「IWASAKI技報」第35号掲載記事に基づいて作成しました。
(2016年11月7日入稿)

テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ