Home > IWASAKIテクニカルレポート > 技術資料 > 小形看板用LED投光器(丸形)

技術資料

小形看板用LED投光器(丸形) - LEDioc® FLOOD POP® -

ライティングソリューション事業本部 ソリューション商品開発部 商品開発課 渡部 恵介
国内事業本部 国内商品開発部 商品開発課 田中 義彦
国内事業本部 国内事業企画推進部 商品企画調達課 石井 裕昭
ライティングソリューション事業本部 ソリューション商品開発部 技術課 山口 竜介
生産事業戦略部 コストデザイン室 須藤 太郎
株式会社つくばイワサキ 技術部 技術管理課 塚本 幹男

キーワード

LED,LEDioc® FLOOD POP®,看板照明,ライトアップ,省エネ,高効率,低コスト,軽量

1.はじめに

当社がLEDアイランプ®を発売して以来,各方面からご好評をいただき順調に売上を拡大してきたが,後発メーカーの安価なLEDランプとLED器具の追随を受け,市場シェアの維持が困難な状況となっている。新設または照明器具を含めたリニューアルを計画する施設では,小形のLED投光器がよく採用されている。

そのような中,サインボード市場での売上を維持・拡大するため,他社の安価なLED投光器に対抗可能な“小形LED投光器”としてLEDioc® FLOOD POP® シリーズ第一弾の角形を2016年12月に発売しているが,さらなるシェア拡大を図るため,角形に続き丸形を開発した。

2.商品概要

本商品は,下記3項目(仕上色,相関色温度,配光)の組み合わせにより,12種類をラインアップしている。

  1. 仕上色:オフホワイト,ブラック
  2. 相関色温度:5000K(昼白色),2700K(電球色)
  3. 配光:狭角,中角,広角

器具の外観図を図1に,器具の外形寸法を図2に示す。また,本商品のラインアップを表1に,商品仕様を表2に示す。なお,電源装置は本体に内蔵している。

図1 外観図

図2 外形寸法図

表1 品種一覧
仕上色 外観図 相関色温度 配光 形式 定格光束(ℓm) 平均演色評価数(Ra) 消費電力(W)
オフホワイト 5000K相当
(昼白色タイプ)
狭角 E30011N/NSAN9/W 3750 70 38.8
(100V)

37.6
(200V)

37.8
(242V)
中角 E30011M/NSAN9/W 3750
広角 E30011W/NSAN9/W 3650
2700K相当
(電球色タイプ)
狭角 E30011N/LSAN9/W 3750 80
中角 E30011M/LSAN9/W 3750
広角 E30011W/LSAN9/W 3650
ブラック 5000K相当
(昼白色タイプ)
狭角 E30011N/NSAN9/BK 3750 70
中角 E30011M/NSAN9/BK 3750
広角 E30011W/NSAN9/BK 3650
2700K相当
(電球色タイプ)
狭角 E30011N/LSAN9/BK 3750 80
中角 E30011M/LSAN9/BK 3750
広角 E30011W/LSAN9/BK 3650
表2 商品仕様
材質 本体 アルミダイカスト
前面枠 ステンレス
前面カバー 強化ガラス
入力電圧 100~242V
周波数 50/60Hz共用
定格寿命 40000時間
質量 1.7kg
保護等級 IP44
使用温度範囲 -20℃~+35℃
耐雷サージ 15kV(コモンモード)
取付角度 エニーポジション(制限なし)

3.特長・機能

3.1. 配光は3種類

配光には狭角,中角,広角の3種類をラインアップしており,豊富なアクセサリと組み合わせることで,看板照明だけでなく,ライトアップなどの景観演出照明用としても使用でき,幅広い用途に対応できる。

3.2. 豊富なアクセサリ

「アイ ランプホルダ」用のアクセサリ(アームやフランジなど)に適合しており,設備改修の際は器具のみの交換により少ない初期費用でLED化が可能となる。なお,本商品の仕上色はアクセサリ類と同一色になっている。

このほか,本商品専用のオプション品(遮光フードと前面ガード)も用意している(表3)。

表3 オプション品
品名 遮光フード 前面ガード
外観図
形式 FE30001 GE30002
材質 ステンレス ステンレス
仕上色 ブラック半艶
(近似マンセルN1)
-
質量 400g 80g

3.3. 口出線長1,800mm を標準仕様に採用

本商品は口出線長1,800mmを標準仕様としているため,口出線を延長することなくアームやフランジへの取付けが可能となる。

3.4. エニーポジション取り付け

取付姿勢に制限のないエニーポジション構造とし,さまざまな場所に設置可能とした。

3.5. 低コストでLED化を実現

3種類の配光は反射鏡のみを変更して対応しているほか,LEDioc® FLOOD POP® 角形とも一部共通の部品を用いており,部品の共通化を徹底することで低価格を実現した。それにより初期費用を抑えることができる。

3.6. 明るさアップでさらに大幅な省電力化

ハロゲンランプ250W×4灯と比較した場合,明るさは約1.4倍となり,約84%の省エネとなる(図3)。また,セルフバラスト水銀ランプ300W×5灯と比較した場合,明るさは約1.4倍となり,約87%の省エネとなる(図4)。

図3 ハロゲンランプとの比較

図4 セルフバラスト水銀ランプとの比較

3.7. 長寿命(40000時間,光束維持率85%)

「アイ ハロゲンライト® 500Aシリーズ」,「セルフバラスト水銀ランプ」と比較して,本商品は40000時間と長寿命であるため,メンテナンス頻度を低減し,ランニングコストを軽減できる。

4.おわりに

本商品では3タイプの配光をラインアップし,ハロゲンランプ250Wやセルフバラスト水銀ランプ300W用投光器の代替品となる性能を低価格で実現できた。

また,アイ ランプホルダ用アクセサリに適合させることで,既設器具の代替品としての提案も可能となった。

この記事は弊社発行「IWASAKI技報」第36号掲載記事に基づいて作成しました。
(2017年5月9日入稿)

テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ