IWASAKIテクニカルレポート

施設報告

TOPインドアステージ多摩 屋内テニスコート照明設備
- レディオック スリースター® 納入施設事例 -

TOPインドアステージ多摩は,2000年に多摩市多摩センターに開校して以来,多くの方に利用されているインドアテニススクールで,2015年11月に,同じく京王相模原線の沿線である八王子市別所に移転して新規オープンした。冷暖房完備の快適なインドアコートが3.5面あり,初心者の方も楽しくテニスを始めることができる半面コートや,スペースを有効に活用する可動式仕切りネット,足腰に優しいカーペットコート等,お客様に最高のコンディションを提供する設備を整えている(図1)。

本施設の照明設備には,屋内テニスコート用に開発された照明器具であるレディオック スリースターが採用され,明るく快適なプレー環境を実現している。

本稿では,2015年10月に納入した同施設の照明設備について紹介する。

図1 屋内テニスコートの様子

キーワード

TOPインドアステージ多摩,屋内テニスコート専用照明器具,LED,レディオック スリースター®,サイド配置方式

Backnumber

テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ