IWASAKIテクニカルレポート

施設報告

大橋浄水場紫外線装置設置工事

栃木県佐野市は日本名水百選にも選ばれた出流原弁天池湧水があり,豊富な地下水を水道水源として利用している「水と緑の自然豊かなまち」である。同市の水道局には「いつでも安心でおいしい水の提供」というビジョンがあり,万一の耐塩素性病原生物(クリプトスポリジウム)汚染対策として,2016年3月に紫外線照射装置を導入した。

本稿では,同市の大橋町にある大橋浄水場の施設について紹介する(図1)。

図1 大橋浄水場の設備外観

キーワード

大橋浄水場,紫外線照射装置,アイウォーターピュア®,クリプトスポリジウム,上水

Backnumber

テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ