Home > IWASAKIテクニカルレポート > 技術資料 > LED投光器 レディオック フラッド™ LEDioc FLOOD™ レディオック フラッド ポケット™ LEDioc FLOOD POCKET™

技術資料

LED投光器
レディオック フラッド™ LEDioc FLOOD™
レディオック フラッド ポケット™ LEDioc FLOOD POCKET™

株式会社アイ・ライティング・システム 機器技術部 第一機器技術課 木下慶一郎

キーワード

LED,投光器,レディオック フラッド™,レディオック フラッド ポケット™,省エネ,CO₂削減,長寿命,電源ユニット内蔵型

1.はじめに

LEDは,携帯電話等のバックライトや大型ディスプレー,道路標示板,信号機等の光源に普及しており,近年では,高効率化や高出力化が進み,LEDを使用した一般照明用の器具も数多く発売されている。

岩崎電気においても,ポールライト,アプローチライト,壁埋め込み器具,防犯灯などの商品を発売している。

LEDは「長寿命」「小型」「点光源に近い」「瞬点が可能」といった特長があり,投光器は当社の得意分野のひとつである。そこで,白色の高出力型LEDを使用したハイパワーでコンパクトなLED投光器の開発をスタートした。

2.特長・機能

レディオック フラッド シリーズは,5WタイプのLEDを8個使用したレディオック フラッドと1.2WタイプのLEDを24個使用したレディオック フラッド ポケットの2種類からなる屋外用投光器である。それぞれの器具外観を図1(a),図1(b)に示す。共に,入力電源が100V/200V共用および50Hz/60Hz共用の専用定電流電源ユニットを内蔵させている。

高出力化されたLEDは,光束量が増える反面,発熱量も増え,LEDの寿命や光束に大きく影響してしまうため,放熱対策が必要不可欠である。さらに,投光器をコンパクトにしようとすると熱影響が増加してしまう。その問題を解決するために,レディオック フラッド シリーズは,熱の流れの検討を行ない,LEDからの発熱を効率良く本体に伝え外郭全体で均一に放熱でき,かつ軽量な伝熱ユニット(ヒートパイプを使用)を投光器内部に配置してLEDの寿命の定義となる光束維持率70%時で40000時間以上となる長寿命を確保できる構造としている。(特許出願中)

図1 器具外観 (a)レディオック フラッド

(a)レディオック フラッド

図1 器具外観 (b)レディオック フラッド ポケット

(b)レディオック フラッド ポケット

図1 器具外観


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ