Home > IWASAKIテクニカルレポート

IWASAKIテクニカルレポート

技術資料

スマートフォンを利用した照明制御システム

近年,「水銀による環境の汚染の防止に関する法律」,各種補助金の実施などさまざまな要因により,ほとんどの照明がLEDに置き換えられてきている。2017年度の照明器具の製造台数では,90%以上がLED灯具と報告されている。

照明がLEDに置き換わったことにより,これまでは難しかった色温度調光,フルカラー調色などの細かな照明制御が可能となった。そのため,照明制御システムのニーズが高まりつつある。快適な光環境の構築や,エンターテインメント性の高いカラー制御,個別制御による省エネを実現するためには,照明制御システムは必要不可欠である。

さまざまな施設で,昼光を利用した調光制御,在席検知による点滅制御,作業者へ居心地のよい環境を提供するため,時刻や環境に合わせた色温度調光制御などが行われている。

時刻に合わせた色温度調光などは,同室内の照明を一斉に制御すればよいが,昼光を利用した調光制御や,在席検知による点滅の制御などは,個別に照明を制御する必要がある。すなわち,個々の照明器具に制御信号線を接続する必要があるため,新規に制御信号線を配線する場合,作業には手間がかかる。

照明制御に無線通信を用いた照明制御システムでは,新規配線の手間がなく,容易に新たな照明制御システムを導入することができる。そこで今回,無線通信としてWi-Fiを用いた照明制御システムの試作を行った。

本稿では,試作した照明制御システムの機能と運用イメージについて報告する。

キーワード

IoT,照明制御,クラウド,フルカラー,SNS,LINE

施設報告

呉市体育館 照明設備 - 納入施設例 -

「呉市体育館」は,造船の盛んな地として知られる広島県呉市に位置し,1964年(昭和39年)に供用開始後,老若男女問わず多くの方々に利用されている。本施設は体育館と付帯施設からなっており,競技場(メインコート)は面積1,681m²(41m×41m)で,最大2,700人収容可能な観客席があり,サブコートは面積276m²(25m×9m)となっている。

本施設は1964年の竣工後54年を経過しており,安全性の確保および快適性の向上のため,2018年8月に施設全体の改修とあわせて,照明設備の全面リニューアルを実施した。

本稿では,同施設におけるメインコートの照明設備について紹介する。

キーワード

呉市体育館,体育館照明,高天井用照明,LED,LEDioc HIGH-BAY Γ(ガンマ)


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ