施設報告

バロー草津店

国内営業部 名古屋営業所 民需営業課
国内営業部 名古屋営業所 技術課

キーワード

バロー草津店,省エネ,LED,環境配慮型エコストア

1.はじめに

バロー草津店は,東海北陸を中心にスーパーマーケットをチェーン展開している株式会社バローが滋賀県草津市にオープンさせた189店舗目である。鉄骨平屋建て,延床面積約2,800m²という規模を持つこの店舗は,経済産業省所管の(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(略称NEDO)の助成事業「次世代省エネルギー等建築システム実証事業」に流通業界として唯一認定されたプロジェクトとして建設された。

2.照明設計

2.1 施設概要

店舗名称
バロー草津店
開店日
2010年5月13日(木)
届出売場面積
1759m²
届出駐車場収容台数
91台
届出駐輪場収容台数
56台

2.2 設計コンセプト

バロー草津店は,超省エネルギー型店舗モデルを確立させるために,様々な技術を導入し,既存のスーパーマーケットに比べ年間CO₂排出量を2/3以下に削減している。今回導入した省エネルギー設備としては,太陽光発電設備,クールトレンチによる外気冷暖房,高効率冷凍冷蔵ショーケース,明るさセンサによる調光照明,LED照明などがある。

照明は,ベース照明に省エネ効果の高いLED照明とし,トップライトからの昼光を利用した調光設備を導入することにより,通常のベース照明と比較して,約40%の省エネを実現した。その他のエリアについても,照明効果の高い照明とするため,屋外駐車場にはLED投光器,トイレには人感センサ+LED照明,バックヤードには初期照度補正照明などを導入している。またエリア毎の電力量計測を行い,計測データを分析することにより,さらなる省エネ店舗への改善を進め,将来的にはCO₂排出量を概ね“0:ゼロ”とするゼロエミッション店舗の開発を目指している。(図1,図2,図3)

図1 店舗全景

図1 店舗全景

図2 店舗外観

図2 店舗外観

図3 太陽光発電量掲示板

図3 太陽光発電量掲示板

2.3 看板

図4 看板

図4 看板

メインとなる大型看板には高効率・高演色性(Ra90)の看板用投光器アーバンビュー®エポHCF455を使用し,小さい看板には長寿命のLEDioc® FLOOD NEOを使用している。(図4)

2.4 店舗

レジ上部の照明にはLEDioc FLOOD POCKETを使用し,間接照明として演出をした。

2.5 外灯

図6 外灯

図6 外灯

従来の店舗では400W(消費電力415W)の水銀灯を使用していたが,LEDioc FLOOD NEOを使用し,照度の必要な駐車エリア・走行エリアを重点的に照明することにより,省エネ化を実現した。またLEDは指向性が高いことから周囲への漏れ光を減少し,光害の抑制する効果もある。(図5,図6)

図5 照度分布図

図5 照度分布図

2.6 設計総括

本施設は白色光を用いることにより清涼感のある明るい空間に演出している。

LED器具を多く使用することにより,消費電力を抑えるのと合わせ,寿命も40000時間になり,メンテナンス性が高められ,ランニングコストも抑えている。

3.設備概要

LED16W×6投光器
ECF0973N/SA/W - 12台
LED1.2W×24投光器
ECF0371SA1/2/W - 16台
HID400W投光器
HCF455 - 4台
HID150W投光器
HCF1571BHE/W - 2台

4.おわりに

本施設はLED照明の積極的採用と様々な制御を行うことにより,省エネルギー化を実現している。今後この店舗をモデルとし,高効率,高寿命の器具・ランプと様々な照明手法,制御手法を合わせた省エネ店舗が増えることが予想される。

最後に本施設照明設備の完成にあたり,ご指導,ご協力頂いた関係各位に感謝を申し上げるとともに,心より御礼申し上げる。

この記事は弊社発行「IWASAKI技報」第24号掲載記事に基づいて作成しました。
(2011年5月23日入稿)

納入事例


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ