Home > IWASAKIテクニカルレポート > 施設報告 > ナショナルトレーニングセンター(屋内トレーニング施設)の照明設備

施設報告

ナショナルトレーニングセンター(屋内トレーニング施設)の照明設備
- 大規模屋内スポーツ施設納入例 -

営業本部 東日本営業部 東日本技術設計センター

キーワード

ナショナルトレーニングセンター,大規模屋内スポーツ施設,セラミックメタルハライドランプ,キャットウォーク器具,電動昇降式ダウンライト

1.はじめに

図1 施設全体外観

図1 施設全体外観

本施設は,わが国のトップレベルのスポーツ競技者が一つの活動拠点で集中的・継続的にトレーニング・強化活動を行なうための施設である(東京都北区)。施設内には,国際競技ルールに対応した施設・設備を有する競技毎の専用練習場,テクニカルルームの他,全競技団体が利用できる共用コート,ウェイトトレーニング室,25mプール,研修室,コーチ室等がある。今回,各競技団体が利用する専用練習場等に照明設備を納入(平成19年12月)したので,以下にその概要を報告する(図1)。

2.照明計画

本施設は,トップレベルの競技者が使用するために快適な練習環境が必要とされる。また,大規模屋内施設であり,施設の運営方法およびそのコスト(維持費)にも十分に配慮する必要がある。そこで,本施設の照明設備は,以下のようなコンセプトにて計画されている。

  1. (良好な照明環境)
    トップレベルの競技者が,トレーニングに集中できるよう,十分な明るさ(照度)を確保するとともに,グレアにも配慮された設備であること。
  2. (省エネ)
    施設全体で使用する電気量をできるだけ軽減できる設備であること。
  3. (省メンテナンス)
    保守点検が行ない易い設備であること。

3.設備概要

本施設の各練習場の概要を表1に示す。

表1 照明施設概要
区分 競技種別 器具仕様 台数 設計照度(ℓx)
高天井施設 バドミントン メタルハライドランプ1000W
電動昇降装置付天井灯
(型押し強化ガラス・ガード付)
84 1500
バレーボール メタルハライドランプ1000W
キャットウォーク取付天井灯
(型押し強化ガラス・ガード付)
104 1500
ハンドボール 96 1200
バスケットボール 104 1500
体操 120 1300
共用コート 100 1500
低天井施設 柔道 セラミックメタルハライドランプ360W
電動昇降装置付ダウンライト
(下面型押し強化ガラス付)
236 2000
レスリング 112 1400
ウェイトリフティング 40 1400
ボクシング 24 1200
ウェイトトレーニング 58 1400
卓球 FHF32W ×4灯用白色ルーバ付埋込形
センサーによる初期照度補正機能付
299 1500
プール セラミックメタルハライドランプ360W
プール用角形投光器(テフロン膜付)
24 500
ドーム施設 テニス メタルハライドランプ1000W
電動昇降装置付テニスコート用器具
128 ナショナルレベルコート
1200
一般レベルコート
1400
屋外施設 フットサルコート メタルハライドランプ700W
フットサル用器具
16 250

テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ