Home > IWASAKIテクニカルレポート > 施設報告 > 一般県道石筵本宮線横断地下道の照明設備

施設報告

一般県道石筵(いしむしろ)本宮線横断地下道の照明設備
- LED投光器による歩行者カルバート照明の納入事例 -

国内営業部 仙台営業所

キーワード

横断地下道,新光源,LED,省エネ,環境

1.はじめに

東北自動車道(福島県・本宮IC~二本松IC区間)と一般県道石筵本宮線が交差する歩行者横断地下道に,新光源として注目されているLEDを使用した投光器が納入(平成21年2月竣工)されたので,その概要を紹介する(図1,図2)。

図1 坑口全景(昼間)

図1 坑口全景(昼間)

図2 坑口全景(夜間)

図2 坑口全景(夜間)

2.照明設計

2.1 施設概要

地下横断歩道の諸元を表1に示す。

表1 地下横断歩道諸元
地下道延長 31.0m
歩道幅員 3.0m
地下道内面反射率 天井面 ρc=0.60%
壁面 ρw=0.25%
路面 ρf=0.25%

2.2 設計照度

地下横断歩道の設計照度は,「立体横断施設技術基準・同解説」(日本道路協会)より以下の値に設定した。

  • 地下横断歩道:階段及び通路 50ℓx以上

2.3 経済性の比較

図3 LED投光器

図3 LED投光器

使用する照明器具・ランプの選定にあたっては,下記の条件を考慮し検討を行った。

  1. 長寿命であること
  2. 保守管理に手間がかからないこと

検討器具としては,下記の3種類を対象とした。

  1. トンネル用照明器具 KWF0321B+FHF32×1
  2. トンネル用照明器具 KWFHP0451B+FHP45×1
  3. LED投光器 ECF0371SA1/2-NFS仕様

これらの組合せについて,年間維持費の比較を行った結果を表2に示す。

比較の結果,最も経済的なLED投光器(図3)が採用されることとなった。

表2 維持費比較
  案1 案2 案3
条件 照明器具 器具形式 KWF0321B KWFHP0451B ECF0371SA1/2-NFS
ランプ形式 FHF32W FHP45W LED 0.7W×24個
照明器具台数(台) 3 3 8
年間点灯時間(h) 8760 8760 8760
ランプ費(円) 1,220 2,100 -
維持費 ランプ寿命(h) 12000 12000 60000
年間ランプ交換数(本) 4 4 -
ランプ交換人件費(円/本) 1,768 1,768 -
年間ランプ交換費(円) 11,952 15,472 -
消費電力(W) 162 162 134
月間電力費(円/月) 756 756 756
年間電力費(円/年) 9,072 9,072 9,072
年間維持費(円) 21,024 24,544 9,072
年間維持費(%) 100 117 37

3.設備概要

LED投光器の取付断面図を図4に示す。投光器の場合,取付角度がフレキシブルに調節できるため,現地での微調整も容易に行うことが可能であった。

照度分布図を図5に示す。照度分布図の結果,設計照度50ℓxを確保することが確認された。

図4 取付断面図

図4 取付断面図

図5 照度分布図
図6 内部状況

図6 内部状況

図7 内部状況

図7 内部状況

図8 内部状況

図8 内部状況

4.おわりに

照明設備の省エネルギー化や,温室効果ガス削減が求められている中,LEDは次世代光源として期待されており,今後益々の普及発展に大いに期待する。

最後に,本照明設備の納入にあたり,ご指導,ご協力頂いた関係各位に深くお礼申し上げる次第である。

この記事は弊社発行「IWASAKI技報」第21号掲載記事に基づいて作成しました。
(2009年11月13日入稿)


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ