Home > IWASAKIテクニカルレポート > 施設報告 > トム・ワトソンゴルフコース ナイター工事

施設報告

トム・ワトソンゴルフコース ナイター工事 - ゴルフコース納入施設例 -

国内営業本部 福岡営業所 技術課 高司 裕一
国内営業本部 福岡営業所 宮崎事務所 青井 祐輔
国内営業本部 民需特販営業部 東京営業課 渡部 敏毅

キーワード

ゴルフコース,ナイター照明,フェニックス・シーガイア・リゾート,トム・ワトソン,ホシゾラ★ゴルフ,高出力形LED投光器,メタルハライドランプ

1.はじめに

宮崎市の東岸に位置する太平洋に面した南北約11キロ,約700haの黒松林に囲まれた広大な自然の中に広がるフェニックス・シーガイア・リゾート。リゾート内にある2つのゴルフコースの内のひとつ,トム・ワトソンゴルフコースは,米国のプロゴルファー「トム・ワトソン」の設計・監修のもと,世界で唯一同氏の名を冠したゴルフ場として1993年開業。リゾートゴルフを満喫できるカジュアルで美しいゴルフコースとして,シーガイアを訪れる多くのゴルファーに愛されてきた。そして2014年夏,幻想的な空間で楽しむ,ナイター営業「ホシゾラ★ゴルフ」が開始された。

ナイター照明設備には,メタルハライドランプ1000Wを光源とするHID丸形高効率投光器アクロスター™と高出力形LED投光器LEDioc FLOOD DUELL™(レディオック フラッド デュエル™)650Wを採用し,高出力かつ省エネに貢献する光で全18ホールのコースを快適に照らし出している(図1)。

以下に,本照明設備の概要を報告する。

2.照明計画

2.1 設計コンセプト

本施設の照明設計にあたっては,次のコンセプトに基づき照明計画を行った。

  1. 快適なプレー空間
    プレーエリアの水平面照度に加えて,ボールの軌道を認識できるように空間の明るさを確保する。競技者のプレーに支障をきたさないようグレアへの配慮を行う。停電対策として,瞬時再点灯が可能なLED投光器を各照明柱に設置することで安全にも配慮する。
  2. 環境への配慮
    漏れ光によるウミガメや船舶への影響を考慮して,灯高はコース沿いの松林の高さを越えない10mに設定する。誘虫性の低い光源を使用して生態系の保全に配慮する。
  3. 設備費の削減
    高効率で配光性能の優れたHID投光器を主に採用することで,初期設備費の低減を図る。長寿命・省エネルギー・瞬時点灯が可能なLED投光器を効果的に併用することで,機能的で経済性に優れた設備を実現する。
図1 照明点灯状況

図1 照明点灯状況

2.2 設計照度

本施設における設計照度を表1に示す。JIS Z 9127:2011スポーツ照明基準に基づき,コース上の各プレーエリア(フェアウェイ,ティー,グリーン)においては,競技区分Ⅱの所要照度を確保している。練習グリーンについては競技区分Ⅲの照度を設計値とした。

表1 設計照度
エリア JIS競技区分 基準照度(ℓx) 照度の範囲(ℓx) 照度の種別
フェアウェイ 50 30~75 水平面照度
ティーグラウンド 75 50~100
グリーン 75 50~100
練習グリーン 50 30~ 75

2.3 照明手法

プレー時に必要な水平面照度だけではなく,飛んでいくボールが視認できる機種選定とし空間照度を確保している。また,フェアウェイにおいては,競技者後方からグリーン方向を照射する追跡照明とし,競技者にまぶしさを感じさせないよう配慮している。プレー方向が一方向ではないグリーンにおいては競技者の影が影響しないよう複数方向からの照射としている。

ティーグラウンドは競技者のレベルに応じて,フルバックティー(BT)・レギュラーティー(RT)・フロントティー(FT)及び女性向けのレディースティー(LT)がそれぞれ設置されているため,各エリアにおいて設計照度を満足するよう配慮している。

各ホールの照度設計値を表2に,代表例として照度分布図を図2及び図3に示す。

表2 平均照度
コースNo. 距離(y) 照明柱基数 フェアウェイ(ℓx) ティーグラウンド(ℓx) グリーン(ℓx)
BT RT FT LT
1H 505 7 55.4 92.9 40.0 72.9 106.9
2H 173 3 48.9 102.2 64.7 106.5
3H 410 6 54.8 100.1 91.4 102.3
4H 323 5 52.0 99.4 89.0 105.6
5H 393 6 59.5 107.1 59.3 100.5 107.6
6H 433 6 57.6 95.3 96.2 105.2
7H 582 8 57.3 93.0 35.0 135.1 105.8
8H 193 4 57.9 95.2 74.2 107.3
9H 453 6 51.5 - 97.2 71.6 105.5
10H 525 7 61.9 94.5 55.1 79.7 78.8
11H 161 3 56.1 104.4 78.3 78.5
12H 408 6 54.3 87.5 81.7 88.8
13H 400 6 59.8 103.5 84.3 84.1 75.2
14H 210 4 56.4 - - 107.1 90.0 87.2
15H 430 6 51.4 83.2 95.4 79.0
16H 535 7 51.9 84.4 55.0 98.1 94.5
17H 462 7 52.7 86.3 61.6 90.0
18H 388 6 56.8 94.5 121.5 90.0
練習グリーン ø30m 2 - - - 79.2
図2 照度分布図(7H)

図2 照度分布図(7H)

  • 注1) 図中,曲線上の数値は維持照度を示す。単位:ℓx
  • 注2) 障害物等の影響は,考慮しないものとする。
柱別数量表
柱番号 H5312SZ H5312D E6522N/SA2/2.4 E6523N/SA2/2.4 柱合計数量
P7-1 4 1 - 1 6
P7-2 5 2 1 - 8
P7-3 5 2 1 - 8
P7-4 5 2 1 - 8
P7-5 3 2 1 - 6
P7-6 - 4 1 - 5
P7-7 - 3 1 - 4
P7-8 - 1 1 - 2
小計 22 17 7 1
合計 47
凡例
記号
照明器具 H5312SZ H5312D E6522N/SA2/2.4 E6523N/SA2/2.4
ランプ MT1000B/BH-M-UVC MT1000B/BH-M-UVC LED650Wタイプ LED650Wタイプ
光束(ℓm) 112000 ランプ光束 112000 ランプ光束 61500 器具光束 58000 器具光束
保守率 0.65 0.65 0.80 0.80
灯高(m) 10 10 10 10
台数 22 17 7 1
47
平均照度及び範囲
維持平均照度(ℓx)
ティーグラウンド BT+RT 93.0
FT 35.0
LT 135.1
フェアウェイ 57.3
グリーン 105.8
照度基準値(ℓx)
ゴルフコース
(運動競技の区分Ⅱ) (運動競技の区分Ⅲ)
ティーグラウンド 75(50~100) 50(30~75)
フェアウェイ 50(30~75) 30(20~50)
グリーン 75(50~100) 50(30~75)

(JIS Z 9127による)

図3 照度分布図(13H)

図3 照度分布図(13H)

  • 注1) 図中,曲線上の数値は維持照度を示す。単位:ℓx
  • 注2) 障害物等の影響は,考慮しないものとする。
柱別数量表
柱番号 H5312SZ H5312D E6522N/SA2/2.4 E6523N/SA2/2.4 柱合計数量
P13-1 4 1 - 1 6
P13-2 5 2 1 - 8
P13-3 5 2 1 - 8
P13-4 4 3 1 - 8
P13-5 - 1 - 1※ 2
P13-6 - 1 - 1※ 2
小計 18 10 3 3
合計 34
  • ※演出照明に利用
凡例
記号
照明器具 H5312SZ H5312D E6522N/SA2/2.4 E6523N/SA2/2.4
ランプ MT1000B/BH-M-UVC MT1000B/BH-M-UVC LED650Wタイプ LED650Wタイプ
光束(ℓm) 112000 ランプ光束 112000 ランプ光束 61500 器具光束 58000 器具光束
保守率 0.65 0.65 0.80 0.80
灯高(m) 10 10 10 10
台数 18 10 3 3
34
平均照度及び範囲
維持平均照度(ℓx)
ティーグラウンド BT+RT 103.5
FT 84.3
LT 84.1
フェアウェイ 59.8
グリーン 75.2
照度基準値(ℓx)
ゴルフコース
(運動競技の区分Ⅱ) (運動競技の区分Ⅲ)
ティーグラウンド 75(50~100) 50(30~75)
フェアウェイ 50(30~75) 30(20~50)
グリーン 75(50~100) 50(30~75)

(JIS Z 9127による)

3.設備概要

3.1 照明設備概要

主照明用の器具は,HID丸形高効率投光器アクロスター™とUVカット形アイマルチメタルランプ™1kWを採用し,保安灯を兼ねて瞬時再点灯可能な高出力形LED投光器LEDioc FLOOD DUELL™650Wタイプを,各照明柱に1灯設置としている。練習グリーンについては,HID丸形投光器アイスポラート®とFECセラルクスエース™EX360Wを使用する。

本施設の照明設備概要として,各タイプの照明の器具と光源の組合せを表3に示す。

表3 照明設備概要
タイプ 器具 光源 台数
HID1000W狭角 HIDランプ丸形投光器
アクロスター:H5312SZ
UVカット形メタルハライドランプ
MT1000B/BH-M-UVC
278
HID1000W中角 HIDランプ丸形投光器
アクロスター:H5312D
UVカット形メタルハライドランプ
MT1000B/BH-M-UVC
193
LED650W中角 LED高出力形投光器
LEDioc FLOOD DUELL:
E6522N/SA2/2.4
LED650Wタイプ 69
LED650W広角 LED高出力形投光器
LEDioc FLOOD DUELL:
E6523N/SA2/2.4
LED650Wタイプ 34
HID360W広角 HIDランプ丸形投光器
アイスポラートS:H366SX
FECセラルクスエースEX
M360FCLSH-WW/BH
4
  • 注) 表中の各タイプの照明は,表4~表6と対応。

3.2 設備数量

全設備数量を表4~表6に,照明点灯状況及び設置状況を図4~図7に示す。

表4 OUTコース(1H~9H)設備数量
コースNo. 距離(y) 照明柱基数 HID1000W
狭角
HID1000W
中角
LED650W
中角
LED650W
広角
HID360W
広角
1H 505 7 19 14 6 1 - 40
2H 173 3 6 7 2 1 - 16
3H 410 6 15 11 5 1 - 32
4H 323 5 14 7 4 1 - 26
5H 393 6 19 9 5 1 - 34
6H 433 6 18 12 5 1 - 36
7H 582 8 22 17 7 1 - 47
8H 193 4 6 10 3 1 - 20
9H 453 6 15 15 5 1 - 36
小計 51 134 102 42 9 - 287
236 51
表5 INコース(10H~18H)設備数量
コースNo. 距離(y) 照明柱基数 HID1000W
狭角
HID1000W
中角
LED650W
中角
LED650W
広角
HID360W
広角
10H 525 7 23 14 4 3 - 44
11H 161 3 6 7 0 3 - 16
12H 408 6 17 11 3 3 - 34
13H 400 6 18 10 3 3 - 34
14H 210 4 7 7 1 3 - 18
15H 430 6 18 9 3 3 - 33
16H 535 7 21 12 6 1 - 40
17H 462 7 19 10 4 3 - 36
18H 388 6 15 11 3 3 - 32
小計 52 144 91 27 25 - 287
235 52
表6 練習グリーン設備数量
コースNo. 距離(y) 照明柱基数 HID1000W
狭角
HID1000W
中角
LED650W
中角
LED650W
広角
HID360W
広角
練習グリーン - 2 - - - - 4 4
図4 照明点灯状況(ティーグラウンド)

図4 照明点灯状況(ティーグラウンド)

図5 照明点灯状況(フェアウェイ)

図5 照明点灯状況(フェアウェイ)

図6 コース昼景

図6 コース昼景

図7 照明柱

図7 照明柱

4.おわりに

今回,著名なトム・ワトソンゴルフコースの全18ホールに照明設備を納入させていただいた。LEDとHID光源を効率よく使用した機能的で経済性かつ省エネに優れた設備であり,松林に広がる自然を生かした特徴的なコースを幻想的に浮かび上がらせている。ナイター営業終了後には,隣接したホテルの宿泊客に向けてフルカラーLEDによるイルミネーションも実施しており,演出照明と併せてナイター照明による魅力あふれる施設のリニューアルに大いに貢献できたと考える。また,他のゴルフコースのナイター化に際しても今後の良い参考になると思われる。

最後に,本設備の納入にあたり,ご指導ご協力頂いた関係各位に深く御礼申し上げる。

この記事は弊社発行「IWASAKI技報」第32号掲載記事に基づいて作成しました。
(2015年5月22日入稿)


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ