Home > IWASAKIテクニカルレポート > 施設報告 > 小岩駅前北口通り会 商店街 街路灯

施設報告

小岩駅前北口通り会 商店街 街路灯

営業技術部 LCS
国内営業部 東京営業所 第一営業課

キーワード

商店街街路灯,間接照明,セラミックメタルハライドランプ,省エネルギー

1.はじめに

小岩駅前北口通り会商店街(図1)は,JR総武線小岩駅北口から北へ約200m,蔵前通りまでの商店街である。小岩駅のある東京都江戸川区は,「地区の将来のため,まちづくりの勉強をしましょう。」と,JR小岩駅周辺地区のまちづくりを推進している。区の提案を受け,この地域の代表者が「北口駅前地区勉強会」を設立し,小岩に適したまちづくりとはどのようなものなのか,再開発を行った地区の見学会や研修会などを開催し,定期的に街づくりの検討を行っている。その結果を,周辺地区住民に配布している「まちづくりニュース」等を通じて伝え,住民,事業者,江戸川区が一体となったまちづくりを推進している。

小岩駅前北口地区では,駅前広場の整備,北口通り拡幅の計画と合わせた,“駅前の顔づくり”が期待され,特に小岩駅前北口通り会商店街には,おしゃれな商店街づくり,安全な交通環境と安心・快適に歩ける歩道整備が計画された。(図1,2)

図1 改修前商店街

図1 改修前商店街

図2 改修後商店街

図2 改修後商店街

2.照明設計

魅力ある「駅前の顔づくり」が期待される今回の計画では,おしゃれな商店街,安全な交通環境と安心・快適に歩ける商店街をつくる照明設備として,次のようなコンセプトのもと提案を行った。

2.1 照明コンセプト

効率の良い照明器具

光が路面よりも天空へ漏れてしまう角グローブタイプの器具(図3)から反射板により必要な場所に光を制御する器具へ。(図4)

図3 改修前照明器具

図3 改修前照明器具

図4 改修後照明器具

図4 改修後照明器具

効率的な高さの設定

改修前は8m程度の高い街路灯であったが,5m程度の高さとする事で,街路樹などに遮光される部分を抑えた効率的な照明へ。(図5)

図5 効率的な高さの設定

図5 効率的な高さの設定

低ポール照明により影の範囲を抑え路面を効率よく照らしだす

効率の良い光源
図6 効率の良い光源

図6 効率の良い光源

セラミックメタルハライドランプ150W(MT150FCE-DW/S-G)は,改修前の水銀ランプ250W(HF250X)に比べ,ランプ効率が約1.7倍となり,明るさアップを図りながら省エネを実現できる。(図6)

演色性の高い光源

セラミックメタルハライドランプは平均演色評価数(Ra)90と,水銀ランプ(Ra40)の(図7)2倍以上で,色再現性が良く,色彩豊かな商店街をつくる。(図8)

図7 改修前水銀ランプ照明空間

図7 改修前水銀ランプ照明空間

図8 改修後セラミックメタルハライドランプ照明空間

図8 改修後セラミックメタルハライドランプ照明空間

グレアの抑制
図9 グレアの抑制

図9 グレアの抑制

光源が直接見えるグローブタイプの器具から,下面配光タイプの器具とし,不快なまぶしさを軽減する。(図9)

オリジナルデザイン

特長のあるデザインで,小岩駅前の顔となるおしゃれな商店街づくりに貢献する。

図10 デザイン提案例

図10 デザイン提案例

上記コンセプトの中,特にオリジナルデザインには強い期待があり,何案もの街路灯デザイン(図10)を提案し,最終案(図8)の採用が決定した。

3.照明設備

図11 照明灯wing

図11 照明灯wing

鳥や飛行機の羽(wing)をモチーフにした新しいデザインの街路灯で,商店街のイメージアップを図っている。羽にあたる部分にも光をあてることで,街をやわらかく照らしながら,未来へはばたく街,発展してゆく商店街をイメージしている。(図11)

3.1 光源

光源には効率が高く,演色性の高いセラミックメタルハライドランプを使用し,省エネ・CO₂削減に配慮するとともに,商店街を彩る色や行き交う人の様子を美しく見せ,街の活性化に貢献している。

図12 改修後商店街

図12 改修後商店街

歩車道用照明にセラミックメタルハライドランプ150W,色温度3200Kの光源(MT150FCE-DW/S-G)を使用し,ウォーム温白色のやわらかい光で,商店街を色鮮やかに照明する。羽にあたる部分を照らす光は,セラミックメタルハライドランプ35W,色温度4200Kのランプ(MT35CE-W/G12)ですっきりと軽やかに照らしている。(図12)

3.2 照明器具

上下配光の特注デザイン街路灯,車歩道2灯用が22基(図13),1灯用が4基(図14)設置された。

図13 2灯用街路灯

図13 2灯用街路灯

図14 1灯用街路灯

図14 1灯用街路灯

3.3 間接照明

車歩道用特注照明器具の上部にコンパクト投光器アーバンアクトβポケット®(HCF0375BHE/W)をのせ,その上にある羽(wing)をイメージした反射板を照らす。その反射板による間接照明で,空間の明るさ感を確保し,商店街の華やかさと未来へはばたく街,発展してゆく商店街のイメージを創出する。(図15,16)

図15 街路灯図面

図15 街路灯図面

図16 照明器具図面

図16 照明器具図面

3.4 照度

改修前の照明器具は,上向きグローブタイプにランプ効率51ℓm/Wの水銀ランプ250Wを使用していたため,路面の明るさは効率良く確保されていなかった。本件で新設された照明器具はミーティスアームタイプB(H6147)の反射板を内蔵し(図16),ランプ効率87ℓm/Wのセラミックメタルハライドランプ150W(MT150FCE-DW/S-G)を使用しているため,JIS照度基準-商店街(繁華)-通路の30-100ℓxを十分にクリアする大幅な明るさアップを実現している。

3.5 省エネ

改修前の水銀ランプ250W×4灯用の街路灯が,1基あたり消費電力1040Wに対して,新設した街路灯は1基あたり消費電力460Wと約55%の省エネルギー,CO₂削減を実現し,地球温暖化対策,環境負荷低減に大きく貢献している。

4.おわりに

大幅な照度アップを実現しながら,省エネルギーにも貢献する「小岩駅前の顔」となる商店街照明が実現できた。日中は周囲の景観に溶け込み,夜間には周囲を色鮮やかに照らしながら,街路灯自体もすっきりと浮かび上がり,賑やかでありながら爽やかな印象の商店街に生まれ変わり,大変満足して頂いていると聞く。

最後に,小岩駅前北口通り会商店街照明を実現するにあたり,ご協力いただいた皆様に感謝の意を申し上げる次第である。

この記事は弊社発行「IWASAKI技報」第22号掲載記事に基づいて作成しました。
(2010年5月21日入稿)


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ