Home > IWASAKIテクニカルレポート > 施設報告 > 大久後トンネルの照明設備

施設報告

大久後トンネルの照明設備 - 広スパン対応型トンネル照明器具の納入事例 -

国内営業事業部 西日本営業部 中部技術設計センター
国内営業事業部 西日本営業部 名古屋営業所

キーワード

大久後トンネル,広スパン,トンネル照明,小型・軽量,均斉度,視認性,コスト縮減

1. はじめに

大久後トンネルは,新丸山ダム建設に向けたの国道の付け替え並びに工事用道路の整備において建設され,岐阜県可児郡御嵩町に位置する延長1,183m対向2車線のトンネルである(平成18年3月供用開始)。

本稿では,上記大久後トンネル照明設備の基本照明区間に当社の広スパン対応型トンネル照明器具が採用されたので,その概要を紹介する。大久後トンネルの位置を図1に,トンネル坑口付近を図2,図3に示す。

大久後トンネル:岐阜県可児郡御嵩町大久後~岐阜県可児郡御嵩町小和沢

図2 恵那側坑口付近

図2 恵那側坑口付近

図3 八百津町側坑口付近

図3 八百津町側坑口付近


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ