Home > IWASAKIテクニカルレポート > 施設報告 > 加古川市立総合体育館の照明設備

施設報告

加古川市立総合体育館の照明設備 - メインアリーナ・サブアリーナの照明 -

国内営業事業部 営業技術部 中央技術設計センター
国内営業事業部 関東技術設計センター

キーワード

加古川市立総合体育館,グレアの低減,分割利用,照明制御システム

1. はじめに

図1 アリーナ全景(昼間)

図1 アリーナ全景(昼間)

加古川市立総合体育館は兵庫県加古川市西神吉町に位置し,加古川市で初めてPFI方式を導入して平成17年4月に竣工した施設である。(図1)バレーボール,バスケットボール,バドミントン,ハンドボール,卓球の公式試合に使用可能な総合体育館である。「する,みる,ささえるスポーツ」を通して「ウェルネス都市加古川」の実現を目標とし,地域に根ざしたスポーツコミュニティ形成の拠点づくりを目指している。

2.アリーナ照明設備

2.1 照明計画

メインアリーナおよびサブアリーナの照明は公式競技対応とし,維持平均照度で1700ℓx以上を確保している。

点灯パターンは競技区分別およびアリーナを分割利用(メインアリーナ:6分割,サブアリーナ2分割)できるようメインアリーナで36パターン,サブアリーナで12パターンを用意しており競技個々にあった明るさにすることにより省エネを実現している。

図2,図3にメインアリーナの内観,図5にメインアリーナ全点灯時の照度分布,図4にサブアリーナの内観,図6にサブアリーナ全点灯時の照度分布を示し,表1に点灯パターン一覧を示す。

図2 メインアリーナ内観

図2 メインアリーナ内観

図3 メインアリーナ内観

図3 メインアリーナ内観

図4 サブアリーナ内観

図4 サブアリーナ内観

表1 点灯パターン一覧表
メインアリーナ サブアリーナ
点灯パターン名称 設計照度(ℓx) 点灯数量(台) 点灯パターン名称 設計照度(ℓx) 点灯数量(台)
全点灯 1700 138 全点灯 1700 68
1/3エリア1000ℓx(コート1~3) 1000 28又は36 1/2エリア1000ℓx(ブロックA~B) 1000 24
1/3エリア500ℓx(コート1~3) 500 14又は16 1/2エリア500ℓx(ブロックA~B) 500 12
1/3エリア300ℓx(コート1~3) 300 8又は12 1/2エリア300ℓx(ブロックA~B) 300 8
1/6エリア1000ℓx(ブロックA~F) 1000 16又は19 全体 1000ℓx 1000 44
1/6エリア500ℓx(ブロックA~F) 500 8又は10 全体 500ℓx 500 24
1/6エリア300ℓx(ブロックA~F) 300 5又は6 全体 300ℓx 300 18
センターコート1面 国際競技 1500 98 全体 500ℓx(コート2面使用) 500 24
センターコート1面 1000ℓx 1000 78 全体 300ℓx(コート2面使用) 300 16
センターコート1面 500ℓx 500 40
センターコート1面 300ℓx 300 24
全体 1000ℓx 1000 76
全体 750ℓx 750 60
全体 500ℓx 500 48
全体 300ℓx 300 24

テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ