Home > IWASAKIテクニカルレポート > 施設報告 > 高知市卸売市場照明設備

施設報告

高知市卸売市場照明設備 - 卸売市場納入施設例 -

国内事業本部 国内営業部 四国営業所 左直 幸男,真木 聡

キーワード

高知市卸売市場,美vid® LEDioc FLOOD NEO®,塩害対策

1.はじめに

高知市卸売市場は,日本で2番目に長い歴史を持つ市場で,昭和5年(1930年)に開設以来,昭和42年(1967年)まで高知市中心街から程近い九反田(現在の高知市文化プラザかるぽーと付近)にあった。その後経済発展による流通市場の拡大に伴い,現在の弘化台に移転した。岸壁に隣接した市場で,接岸された漁船から直接水揚げした魚もセリにかけられ鮮度抜群の魚が揃っている。また園芸が盛んな土地柄で,地元生産者の手で収穫されたばかりの農産物も続々と入荷されている。

同施設は2016年3月に,省エネの観点から照明をLEDに更新する工事を実施した(図1)。

本稿では,同照明設備の概要について紹介する。

図1 高知市卸売市場 鮮魚セリ場

2.照明設計

本施設の照明設計を行うにあたり,下記の事項に留意して検討を行った。

  1. 平均演色評価数Ra90以上とする。
  2. 見え方の実験を行う。
  3. 水平面照度は既設同等程度の明るさを確保する。

3.照明設備

3.1 照明設備概要

高知市卸売市場は,北側から鮮魚,塩干(ちりめんや干物),青果の3つのブロックに分かれており,各ブロックにはセリ場と仲卸店舗が併設されている(図2,図3)。

本施設の既設照明器具は各ブロックの天井にほぼ均等に配置されており,全体でハロゲンランプ500W用投光器が623台,高演色形高圧ナトリウムランプ用照明器具が89台であった。

図2 高知市卸売市場 全景

図3 高知市卸売市場 市場平面図

平均演色評価数Ra90以上を満足するため,物の色をより忠実で(高演色)より鮮やかに(高彩度)見せることができるLED投光器 美vid® LEDioc FLOOD NEO®(電球色タイプ,3200K,平均演色評価数Ra95)を採用した。当照明器具は4種類の配光(超広角,広角,中角,狭角)と5種類の出力(130W,100W,80W,60W,40Wタイプ)をラインアップしており(130Wタイプは超広角配光のみ),当施設にて様々な組み合わせで何度も照明実験を行った。

さらに,塩干ブロックでは,LEDioc FLOOD NEO®(昼白色,5000K,Ra70)と高天井用照明器具LEDioc HIGH-BAY α™(昼白色,5000K,Ra70)での照明実験も行った。

また,LED照明器具導入にあたり,平均演色評価数はRa90以上であることも重要ではあったが,商品の見え方が最重要であったため,色味,明るさなど,市場関係の方々に納得いただくまで照明実験を行っている。

この実験を経て導入した照明設備の数量を表1に示す。なお,既設の配線をそのまま利用できるよう,照明器具の台数は変更していない。

表1 照明設備一覧
商品名 形式 配光 消費電力(W) 平均演色評価数(Ra) 数量(台)
鮮魚セリ場・仲卸店舗 塩干セリ場・仲卸店舗 青果セリ場・仲卸店舗
美vid® LEDioc FLOOD NEO® ECF1085VL/SA1/2/2.4/W 超広角 100 95 261 - 267
ECF1086VL/SA1/2/2.4/W 広角 100 95 - - 14
LEDioc FLOOD NEO® ECF1085N/SA1/2/2.4/W1 超広角 100 70 - 81 -
LEDioc HIGH-BAY α™ 特殊環境形 EHWP10003W/NSAZ9 広角 111 70 - 30 59

3.2 設置状況

(1) 鮮魚セリ場・仲卸店舗

鮮魚セリ場と仲卸店舗には,ハロゲンランプと同色の美vid® LEDioc FLOOD NEO® 100W(電球色,Ra95)超広角タイプを261台設置した(図1)。

(2) 塩干セリ場・仲卸店舗

図4 塩干セリ場

塩干セリ場と仲卸店舗には,LEDioc FLOOD NEO® 100W(昼白色,Ra70)超広角タイプを81台と,LEDioc HIGH-BAY α™ 特殊環境形111W(昼白色,Ra70)広角タイプを30台設置した(図4)。

(3) 青果セリ場・仲卸店舗

図5 青果セリ場

青果セリ場と仲卸店舗には,美vid® LEDioc FLOOD NEO® 100W(電球色,Ra95)超広角タイプと広角タイプの2種類,それぞれ267台,14台と,LEDioc HIGH-BAY α™ 特殊環境形111W(昼白色,Ra70)広角タイプを59台設置した(図5)。

なお,図4に比べて図1と図5が赤味がかった写真となっているのは,このブロックでは色味を重視した電球色タイプの照明器具を使用しているためである。

3.3 照明器具の取付状況

照明器具の取付状況を図6,図7に示す。

図6 美vid® LEDioc FLOOD NEO®

図7 LEDioc HIGH-BAY α™ 特殊環境形

3.4 塗装仕様

本施設は海に近い環境下にあるため,表1の照明器具はすべて耐塩塗装としている。

3.5 照度

図8 鮮魚セリ場改修後実測照度

LED照明に更新後は,鮮魚セリ場で床面平均初期照度379ℓxを確保した(図8)。なお,照度測定については,各ブロックとも照明器具が天井にほぼ均等に配置されていることから,鮮魚セリ場の柱番号2番と3番の区画を代表として測定している。

また,市場関係の方々には,商品が鮮やかに見えるようになり,とても明るくなったと好評で,大幅な省エネルギーの実現と明るく良好な視環境を両立することができた。

4.おわりに

最後に,弊社の美vid® LEDioc FLOOD NEO®は,発売直後で実績が少ない商品であったにも関わらず,採用していただいた高知市市場課様に感謝すると共に,ご指導,ご協力いただいた関係各位に心よりお礼申し上げる。

この記事は弊社発行「IWASAKI技報」第36号掲載記事に基づいて作成しました。
(2017年5月8日入稿)


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ