Home > IWASAKIテクニカルレポート > 施設報告 > こまちスタジアム(秋田県立球場)の照明設備

施設報告

こまちスタジアム(秋田県立球場)の照明設備 - 大規模野球場納入施設例 -

国内営業事業部 営業技術部 中央技術設計センター 立場川 一広

キーワード

こまちスタジアム,大規模野球場,増反射膜付投光器,高演色メタルハライドランプ,発電機電源

1. はじめに

本施設は,旧秋田県立球場の老朽化に伴い,県のシンボルとして新たに建設された球場である(秋田県秋田市)。両翼100m,センター122m,収容人員25,000人(内野固定席15,000,外野芝生席10,000)の規模で,バックネットには,米をイメージした白い膜屋根を有し,プロ野球を始め国際大会に対応した本格的野球場となっている。今回,この野球場に県内初のプロ野球のナイター公式戦が開催できる照明設備を納入(平成15年3月竣工)したので,以下にその概要を報告する。(図1,図2)

図1 球場全景(バックネット裏より望む)

図1 球場全景(バックネット裏より望む)

図2 球場全景(センター方向より望む)

図2 球場全景(センター方向より望む)

2. 照明計画

本施設のナイター照明設備は,以下のようなコンセプトにて計画されている。

  1. プロ野球のナイター公式戦が開催できる明るさを確保するとともに,市民の余暇利用にも対応できること。
  2. プロ野球等のTV放映(ハイビジョン放映)にも対応できる高い演色性を有すること。
  3. 照明の質を低下させることなく,イニシャルコスト及びランニングコストをできるだけ軽減できること。
  4. 県立球場としてふさわしいシンボル的役割を果たすとともに周辺環境とも調和できること。

テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ