植物育成システム HORTILUX®

植物育成に必要な光の強さ

光飽和点(光合成速度が最大になる光強度)と光補償点。

植物の育成に必要な光強度は、図[光飽和点と光補償点]によるCO₂の吸収などから、光飽和点と光補償点の間で、育成目的や経済性などを検討しながら設定します。

代表的な植物の光飽和点と光補償点は下表を参照してください。


光飽和点と光補償点

各種植物の光飽和点・光補償点

  光飽和点(kℓx) 光補償点(kℓx)
イネ 40~50 0.5~1
トマト 70 -
ナス 40 2
キュウリ 55 -
エンドウ 40 2
レタス 25 1.5~2
ミツバ 20 1
ブドウ(巨峰) 40 0.4
ブドウ(デラウェア) 48 0.3
モモ(白鳳) 40 0.2
ナシ(幸水) 40 0.3
オウトウ 40~60 0.4
イチジク(桝井ドーフィン) 40 1
セントポーリア 5~10 0.5
シンビジウム 10 0.3
シクラメン 15 0.3
プリムラ・マラコイデス 10 0.4
プリムラ・オブコニカ 10 0.4
アザレア 5 0.1

光に関するお悩み、なんでもご相談ください。

光を用いた植物育成、植物工場、害虫防除なら岩崎電気にお任せください。
ご要望を伺い、オーダーメイドいたします。

岩崎電気 光・環境営業部

東日本 03-5847-8907
西日本 06-4790-8943

このページの先頭へ