カビ対策・浮遊菌対策

エアコン(空調)分解洗浄、防カビコーティング

エアコン内部の洗浄(清浄化)に加え、「菌(カビ)再汚染防止」を実現

食品工場(医薬、化粧品工場等)他あらゆる場所に設置されているエアコン(空調)。機械内部は高湿度環境になり、カビや細菌の温床になっています。
エアコンから吹き出す空気にはカビ(細菌)が含まれており、稼働時にそれらが吹出されることになります。

壁、床、見える箇所の設備の清掃を徹底してもエアコン(空調)内部が汚染されていると空間内のカビ(菌)汚染が収まらないことも…。

従来のエアコン分解洗浄に加え、再汚染防止の防カビコーティングのシステムをご提案いたします。「結露しやすく、水気で防カビ剤成分が流れやすい熱交換器」箇所にも持続性のある画期的な特殊施工を実現しました。

熱交換器の問題

熱交換器のカビ

内部に埃が蓄積され、カビが生育することで次のような問題が発生します。

  • 冷暖房の効きが悪くなる。
  • エネルギー効率が落ちる。(エネルギーロスに繋がる。)
  • エアコン代(電気代)がかさむ。

ドレンの問題

ドレンパンのカビ

冷房時の結露水と汚れがドレンにたまり、そこで細菌が繁殖。ヌメリの原因となる
バイオフィルムが発生することで、次のような問題が発生します。

  • 排水がうまくいかなくなる。
  • 漏水を引き起こす。
  • ドレンポンプが壊れ機械の故障で工事代がかさむ。

エアコン(空調)分解洗浄、防カビコーティングにより、対策をすることで空間内のカビ(菌対策)に加え、経費削減、省エネ、SDGsにも貢献します。

施工・サービスの詳細はこちら

用途例(施工箇所)イメージ

天井カセット型エアコン

微生物汚染しやすい箇所
熱交換器・ドレン・吹出口周辺
施工前
吹出口のカビ

パッケージエアコン

微生物汚染しやすい箇所
熱交換器・ドレン・断熱材・吹出口周辺
施工前
パネルのカビ

エアハンドリングユニット

微生物汚染しやすい箇所
熱交換器・内部断熱材・ドレン・加湿器
施工前
グラスウールのカビ

ダクト

微生物汚染しやすい箇所
グラスウール・不織布・鉄板・ステンレス
施工前
ダクト内部のカビ

お問合せ

カビ細菌、ウイルスの除菌(殺菌)、抗菌(菌対策)は岩崎電気にお任せください。
ご要望を伺い、オーダーメイドいたします。