光応用の知識

微生物を高速で滅菌

電子線滅菌

放射線による殺菌は、1895年にレントゲンがX線を発見したのに端を発しています。その翌年に、ミンチによりX線に殺菌作用があることが発見され、以後、種々の放射線にも殺菌作用のあることが確認されました。電子線(以下EBという。)による殺菌はワイコフらによって、1930年に定量的な確認がなされています。

滅菌・殺菌・消毒・除菌の定義

滅菌
物質中の全ての微生物を殺滅または除去すること。
殺菌
微生物を殺すこと。主としてその行為をいう。
消毒
人体に害をもたらす病原微生物を殺すこと。
除菌
対象とする物質から微生物を物理的に分別して除くこと。

カタログで詳しく見る

電子線(EB)で加工した素材は、さまざまな場所で活躍しています。電子線の特長、効果などをわかりやすくご説明しています。

電子線(EB)活用なるほどBOOK

詳しい資料を請求


※Internet Explorerをご利用の場合、PDF閲覧に不具合が生じます。
Microsoft EdgeやGoogle Chromeなど、最新のブラウザをご利用ください。

このページの先頭へ