IWASAKIテクニカルレポート

施設報告

函館アリーナ照明設備 - メインアリーナ・サブアリーナ照明 -

函館アリーナは,各種スポーツ競技および各種コンベンションの開催が可能な施設として北海道函館市の湯の川地区に2015年8月1日にオープンした。本施設は大小2つの楕円形状の建物をホール部分で結ぶ形状が特徴的で,メインアリーナ棟は面積2,860m²(バスケットコート3面),固定観客席数2,120席で,最大5,000人収容可能である。また,サブアリーナ棟は面積1,000m²(バスケットコート1面),固定観客席数200席で,最大1,000人収容可能である。

さらにサブアリーナ棟には,武道館,スタジオ,多目的会議室があり,充実した施設となっている。

本稿では,函館アリーナのメインアリーナとサブアリーナの照明設備について紹介する。

函館アリーナ

キーワード

鹿児島放送,電波塔,ライトアップ,照明演出,投光器,フルカラーLED

Backnumber

テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ