IWASAKIテクニカルレポート

施設報告

富山駅南北接続軌道施設工事 - 光る門型架線柱 -

富山市は,従来から路面電車が運行し,市民の重要な移動手段として親しまれている。2015年3月に開業した北陸新幹線を契機とした富山駅周辺整備事業の一つとして,富山駅が新しく生まれ変わり,北陸新幹線の高架下に路面電車の停留場「富山駅」が新設された。富山市は駅南北の路面電車路線を接続する南北接続事業を進めていて,今回新幹線高架下から南口駅前広場まで,第1期区間として路面電車の軌道を約160m延伸して乗り入れを開始した。この停留場は,新幹線・在来線改札口やバス・タクシー乗り場に近接し,乗り換えの利便性がとても高い交通拠点となっている。

路面電車に必要な架線柱や信号等を景観形成に必要な要素と捉え,門型の架線柱として多目的な用途に活用できるようデザインされている。連続する門型架線柱は,駅舎の内部にも設置され,南北の軸性を強調するとともに路面電車空間を象徴的に示している。夜間には光る門型架線柱として計画され,シンボリックな景観を創出している(図1)。

図1 光る門型架線柱

図1 光る門型架線柱

キーワード

富山駅,路面電車,LEDラインユニット,LED小形スポットライト

Backnumber

テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ