IWASAKIテクニカルレポート

技術資料

LEDioc® ROAD S® 歩道配光 - 歩道配光器具の開発 -

2015年3月に国土交通省が制定する「LED道路・トンネル照明導入ガイドライン(案)」の改訂があり,新たにLED歩道照明器具に対する照明設計条件が追加され,当器具に要求される事項が明確となった。

当ガイドラインが定める歩道照明の基準(平均路面照度5ℓx,10ℓxの2種類)に適合した配光を有するLED照明器具は,当社の商品の中では2012年10月発売のLEDioc ROAD co-PAZU™がある。この器具はHID光源用に開発されたものであり,LEDランプに置き換えるにはサイズが大きいこと,現在のLEDの固有エネルギー消費効率は,当器具発売当時の60ℓm/W程度から大幅に向上していること,価格競争に対抗する必要があることから,商品のリニューアルが求められた。

また,器具を直視した場合の眩しさを懸念されるお客様の声があったことと,一部の自治体の独自基準に適合できない例があり,眩しさへの対応と,多くの自治体の基準に適合できる仕様の商品が求められた。

このような背景を受けて,高効率LEDを採用して消費電力を抑えつつ,ガイドラインでLED歩道照明器具に要求される配光および性能を満足した小形で安価な照明器具の開発を行った。

キーワード

キーワード:LEDioc® ROAD S®,LED,歩道灯,省エネ,電源内蔵,高効率,低コスト,軽量

Backnumber

テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ