Home > IWASAKIテクニカルレポート

IWASAKIテクニカルレポート

技術資料

ローコスト太陽灯(避難誘導用)の開発

2011年の東日本大震災以降,全国各地で防災や減災への取り組みが活性化しており,停電時でも動作することのできる太陽灯の需要が2012年から2014年にかけて急激に増加している。そのような中,競合他社から安価なLED太陽灯が発売されたため,さらなる販売実績の伸びを目指して,安価な避難誘導用のニーズに応えることのできる商品をラインアップすることにした。

キーワード

LED,太陽灯,ローコスト,省エネ,高効率,防災,誘導表示

施設報告

鹿児島放送電波塔ライトアップ

鹿児島放送電波塔

株式会社鹿児島放送は,1982年10月にテレビ朝日系列の11番目の局として放送を開始した民間テレビ局である(図1,図2)。1985年3月から本社屋上の電波塔に「KKB」(鹿児島放送の略称)のネオンを設置し,2006年12月にロゴマークのシンボルカラーを現在のものに変更するにあたり,ネオンカラーの更新を実施した。その後,2015年11月にネオンを撤去したことにより,電波塔を使い周辺地域への情報発信に利用できないか模索するなかで,電波塔のライトアップを行った。

本稿では,2016年7月に竣工した鹿児島放送電波塔の照明設備について紹介する。

キーワード

鹿児島放送,電波塔,ライトアップ,照明演出,投光器,フルカラーLED

番外編 [ギズモード・ジャパン特別編集]

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?

「スポーツ施設で使われている照明は、どのくらい明るいのだろう?」

スポーツの観戦中は、そこまで照明に注目したことはないかもしれません。でも何万人も入るような広い空間を明るくしているんですよね。よく考えたらスゴい。

ということで、そんな疑問を解決するべく、照明メーカーに協力していただき、スポーツ施設で使用している照明はどの程度明るいのかを検証してみることに。


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ