Home > 会社情報 > 採用情報 > 新卒採用 > 先輩社員の声 > 社内の協力体制こそが職務の生命線

先輩社員の声

Y. H.

所属(取材時)
営業支援
勤務地
東京
入社年
2015年
専攻
経済学科卒

社内の協力体制こそが職務の生命線

岩崎電気に興味を持つようになったきっかけは?
身近にある照明に興味を持った

就職活動中、自分の興味のあるもの、さらに身の回りにある商品を取り扱っている会社に行きたいと思っていました。エレベーター・消火器・報知器など、多くのメーカーを調べました。そんな活動の中で岩崎電気に出会ったのです。道路灯・スタジアム照明とか、照明はわかりやすく興味を持てました。3社内定をもらいましたが、岩崎電気は説明会・面接等で話した社員が、とても柔らかい印象で好感が持てたので入社を決めました。

現在の職務内容は?
営業支援で工場に発注と納期管理

営業支援を職務としています。東京23区・港湾局・首都高速・NEXCO様など官公庁関係を担当する営業3名とタッグを組んで、受注した案件を取りまとめて工場へ発注する担当です。他にも納期管理も任されていて、納期に時間のない案件などは、工場担当者と打合せをして、納期に合わせるためにどうしたら良いかなどを調整しています。

仕事の魅力・やりがいは?
社内協力で大型案件を乗り切った達成感

大小のばらつきはありますが、常時100件以上の案件を抱えています。そんな中で、ある都市の道路灯の案件で、一度に3000灯を納入する仕事がありました。前準備から3ヶ月の製造過程などを経て、発注から半年がかりで納入にこぎつけた時には、今までにない達成感がありましたね。担当営業、工場担当、上司などの惜しみない協力がなければ、とてもやり切れなかった案件だったと思っています。

失敗談はありますか?
繁忙期に電話での「行き違い」

発注依頼は基本的には担当営業からあるのですが、何度も発注いただいているお客様は営業を通さずに直接発注いただくこともよくあります。電話で話すことが多いので、「行き違い」が起こることが稀にあるのです。その時もとても忙しい時で、納入日を聞き間違ってしまい問題になりそうだったことがあります。それ以降はちゃんとメモを取って、電話後にメールで確認するなど間違いのないよう気をつけています。

仕事上での将来の目標?
先輩のような交渉力を身につけたい

最近、先輩方の仕事を眺めていて、自分にはないものを感じています。それは交渉力です。例えば、工場担当と製品の納期を打合せる時、どうしても少しきつい納期を受け入れてもらいたい時も出てくるのですが、先輩は相手に快く納得させた上で、納期を受け入れてもらえるのです。私もそのように話術をスキルアップできたらと思っています。

仕事の中で大切にしていることは?
同じ失敗を繰り返さないこと

失敗をすることは仕方がないと思いますが、同じ失敗を繰り返さないことが大切です。失敗をした時には、そのままで終わらせることをせず、なぜ失敗したかを掘り下げて考えて、2度と繰り返さないように気をつけています。

プライベートの過ごし方は?
キャンプと弓道で余暇の充実を

友人たちとキャンプに行くのが好きです。この前は、長瀞のキャンプ場に行きました。余暇にキャンプなどを計画して楽しみを作ることは、私にとって仕事のモチベーション維持にもなっています。
あとは、高校時代からやっている弓道です。今でも弓道場に行って、弓を引くこともあります。弓道は、精神を集中させるのにはもってこいのスポーツだと思います。

Offshot

紅葉の宝登山道(長瀞)

とある1日

  • 8:20

    出社
    メールチェック
  • 9:00

    製品の受発注、見積、電話対応
     
  • 12:00

    会社近くの中華料理屋で昼食
     
  • 13:00

    物流部と納入段取りの打合せ
     
  • 14:00

    工場生産部署との納期打合せ
     
  • 15:00

    伝票確認、チャーター便の手配
     
  • 16:00

    担当営業員との納期、製品仕様打合せ
     
  • 17:00

    翌日の作業、スケジュール確認
     
  • 18:30

    退社
     

このページの先頭へ

このページの先頭へ