Home > 会社情報 > 採用情報 > 新卒採用 > 先輩社員の声 > 真の「お客様目線」を持つ営業になりたい

先輩社員の声

N. H.

所属(取材時)
民需営業
勤務地
東京
入社年
2010年
専攻
インダストリアルデザイン科卒

真の「お客様目線」を持つ営業になりたい

岩崎電気に興味を持つようになったきっかけは?
仕事のフィールドの広さに興味

美術大学で学んでいたからかもしれませんが、「もの作り」に関係した職種で、デザインでものを良くしたり、問題を解決したりする仕事がしたいと思っていました。そのため業界にとらわれず広く会社選びをしている中で、たまたま岩崎電気のサイトで東京タワーのライトアップの写真を見たのです。日中に見る東京タワーと違って、なんて荘厳な雰囲気になるものだと感心しました。そこから仕事のフィールドの広い岩崎電気に興味を持ちました。

現在の職務内容は?
店舗内外照明の改善などの提案・改修

民需営業は、一般(民間)企業がお客様です。その中で私は、チェーン展開しているレンタルビデオ会社やアパレルブランドなどの東京地区の店舗担当です。例えば、店舗内外の照明をLED照明にすることで、省電力化やメンテナンスコストを下げたりするご提案をしています。新しいお客様の店舗開発の方と会う前には、必ず店舗を見に行くようにしています。これは、店舗のスタッフさんがどのように感じているかを大事にするように心がけているからです。

仕事の魅力・やりがいは?
仕事の成果を目の当たりにできること

自分の仕事が「目に見える」ことでしょうか。まず、たくさんの店舗に照明を納入しているので、「街を作っている」という実感があります。それから、改修前後で、例えば店舗駐車場がこんなに明るくなった、などの目に見える成果も仕事のやりがいになっています。

印象に残っている仕事は?
大雪のサッカー場での照明実験

大雪の中で照明実験をしたことです。新潟のサッカー場の照明を改修する案件で、現場に投光器を持って行って12月の大雪の日に照明テストをしたのです。雪まみれになりながらの仕事、冬ですごく寒かったということもあり、翌週風邪をひいて寝込んでしまいました。この案件は、残念ながら成約までは至らなかったのですが、このようなトライは今でも続けています。

将来の夢や目標は?
まだやっていないライトアップの仕事

入社8年で、仕事の幅もだいぶ広がってきているとは思いますが、まだまだ手をつけたことのない仕事もたくさんありますので、やったことのないことをやってみたいですね。特にライトアップの仕事をしてみたいです。新商品のフルカラーLED投光器を使って、東京タワーライトアップのように見る人の感動を呼ぶような仕事をしたいと思っています。

仕事の中で大切にしていることは何ですか?
真の「お客様目線」を忘れないこと

お客様の立場に立って考えることを忘れないことです。日々仕事をしていると当然のことながら、仕事の質やスピードを求められます。得てして、その場だけが上手く回るように自分中心に仕事をしてしまいがちですが、よく考えると本当はお客様のためにならないと意味がないのです。真の「お客様目線」を忘れないように心がけています。

プライベートの過ごし方は?
国内旅行と家でまったりすること

旅行が好きなので、休日には国内旅行をしています。この前も友人と広島県呉市の「大和ミュージアム」に行きました。1/10スケールの戦艦大和の模型はすごかったですね。他にも奈良でお寺巡りをしました。旅行以外はインドア派なので、あまり外出しないで家でまったりと過ごすことが多いですね。

とある1日

  • 8:30

    出社
    メールチェックや事務処理
  • 9:00

    社内打合せ
    設計依頼、提案書作成の打合せ
  • 10:00

    顧客対応
    顧客を招きショールーム i Labo(アイラボ)にて勉強会
  • 11:30

    事務処理
    勉強会のアフターフォロー、見積の対応等
  • 12:00

    昼食
     
  • 13:00

    顧客訪問
    施主訪問:新製品の紹介、採用頂いている製品に関してのヒアリング
  • 15:00

    顧客訪問
    ゼネコン訪問:先週依頼された資料の提出、設計内容説明
  • 16:30

    顧客訪問
    代理店訪問:設計、置換提案の相談を受ける
  • 17:00

    帰社
    メールチェックや翌日使用する提案資料の準備
  • 19:00

    退社
     

このページの先頭へ

このページの先頭へ