Home > ニュース > お知らせ > 2018 > 2021年以降 水銀ランプは製造禁止となりますが、メタルハライドランプ・高圧ナトリウムランプは継続して製造、販売いたします!

メタルハライドランプ・高圧ナトリウムランプの製造販売継続について

2018年1月22日

2021年以降 水銀ランプは製造禁止となりますが、メタルハライドランプ・高圧ナトリウムランプは継続して製造、販売いたします!

「水銀条約」のポイント

  • 一般照明用の高圧水銀ランプは、2021年から製造・輸出・輸入を禁止。
  • メタルハライドランプ・高圧ナトリウムランプ・特殊用途ランプ(紫外線ランプなど)は、規制対象外。
  • 蛍光灯は、水銀封入量を規制。(5~10mg)

水銀ランプは製造禁止

弊社商品の中では、高圧水銀ランプに分類される、一般照明用の以下の製品の製造・輸出入が禁止されます。
一方、セラミックメタルハライドランプなどの商品は影響を受けません。

※高圧水銀ランプとは・・・ガラス管内の水銀蒸気中のアーク放電により発生する光放射を利用した光源。主に一般的な水銀ランプを指します。

2021年以降、製造ができなくなります。

製造禁止となる弊社商品

岩崎電気は水銀ランプ以外のHIDランプを2021年以降も製造します。

岩崎電気の高効率HIDランプ

特殊用途ランプ

  • 紫外線ランプ(高圧・低圧水銀ランプ、メタルハライドランプ)
  • 半導体製造用超高圧水銀ランプ など

水銀ランプ用安定器は製造します。

現在、普及している水銀ランプ用安定器の多くは、メタルハライドランプ用安定器・高圧ナトリウムランプ用安定器と共用のため、2021年以降も製造を継続いたします。

例えば水銀ランプ400Wをご利用中

水銀ランプ400W用一般形高力率200V安定器、[H4CC2A(B)352]なら、
明るく、高効率、長寿命な、
セラミックメタルハライドランプ[FECセラルクスエースシリーズ360W]
メタルハライドランプ[FECマルチハイエースH 400W]
高圧ナトリウムランプ[FECサンルクスエース 360W]などに
安定器そのままで交換可能

※共用できる安定器は「一般形」「低始動電流形」のみです。

  • A水銀ランプ
  • Bセラミックメタルハライドランプ
  • Cメタルハライドランプ
  • D高圧ナトリウムランプ

全光束(ℓm)

  • A 22000
  • B 43500
  • C 42000
  • D 45000

どの光源も水銀ランプの倍近く明るくなります。

色温度(K)

  • A 4100
  • B 4100
  • C 4200
  • D 2100

高圧ナトリウム以外は水銀ランプと変わらない色味です。

演色性(Ra)

  • A 40
  • B 80
  • C 75
  • D 25

高圧ナトリウム以外は色の再現性が大幅に向上します。

寿命(時間)

  • A 12000
  • B 24000
  • C 12000
  • D 24000

セラミックタイプと高圧ナトリウムは寿命が倍になります。

ランプ効率(ℓm/W)

  • A 55
  • B 121
  • C 105
  • D 125

どの光源も水銀ランプより大幅に高効率です。

希望小売価格(税抜)

  • A 6,750
  • B 21,600
  • C 13,300
  • D 17,200

一本あたりのコストはあがりますが、消費電力と寿命のトータルコストでご検討ください。

※上記比較は弊社代表的な商品(A.HF400X、B.M360CELSP2-W/BUD、C.MF400LSH2/BUS、D.NH360FLS)での比較です、各光源・品番によって数値は変わります。HF400Xは2018年4月からの価格を表示しています。

※安定器にも寿命があります。
設置して8~10年経つと、外観に異常がなくても内部の劣化が進行しています。安全に使用するためには、適切な保守・点検、交換をおすすめします。

※製造を継続する水銀ランプ用安定器はメタルハライドランプ・高圧ナトリウムランプにも使用できる「一般形」「低始動電流形」です。

※水銀ランプ専用の安定器は、すでに生産を終了しています。水銀ランプ専用とは「定電力形」「調光形」を指します。

岩崎電気のLEDシリーズ

LEDioc(レディオック)
 

岩崎電気は、配光技術、回路技術を駆使して、道路・トンネル・防犯照明、景観・街路照明、スポーツ照明、商業・工場施設照明など
用途、環境に応じた信頼性の高いLED照明器具・LEDランプの開発に全力を注いでいます。

蛍光ランプ

蛍光ランプ

(直管形蛍光ランプ・コンパクト形蛍光ランプ)

※直管形蛍光ランプ・コンパクト形蛍光ランプは水銀を含んでいますが、岩崎電気の直管形蛍光ランプ・コンパクト形蛍光ランプは水銀封入量が規制値(5~10mg)以下となりますので、引き続き製造・販売が可能です。

関連情報


日本照明工業会のホームページにも『「水銀に関する水俣条約」の国内担保状況について~正しく理解していただくために~』が掲載されています。ご覧ください。

このページの先頭へ