Home > ニュース > お知らせ > 省エネ法

省エネ法

注)法令は改正される場合がありますので最新のものでご確認ください。

エネルギーの使用の合理化に関する法律

※『省エネ法の概要』経済産業省 資源エネルギー庁 より引用加工しています。

省エネ法とは?

「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」(以下「省エネ法」という。)は、石油危機を契機として昭和54年に制定された法律であり、「内外におけるエネルギーをめぐる経済的社会的環境に応じた燃料資源の有効な利用の確保に資するため、工場等、輸送、建築物及び機械器 具等についてのエネルギーの使用の合理化に関する所要の措置、電気の需要の平準化に関する所要の措置※1その他エネルギーの使用の合理化等を総合的に進めるために必要な措置を講ずることとし、もって国民経済の健全な発展に寄与すること」を目的としています。

※1:電気の需要の平準化については、平成25年改正時導入。

従来からのエネルギーの使用の合理化(=エネルギー効率の改善による化石燃料の有効利用の確保)の強化に加え、電力需給バランスを意識した(=ピーク対策など時間の概念を含んだ)エネルギー管理が求められています。
また、エネルギー消費量が、特に大きく増加している業務・家庭部門において、住宅・建築物や設備機器の省エネ性能の向上といった対策を強化する必要があります。
このような背景から省エネ法を改正し、(1)電気の需要の平準化の推進や(2)トップランナー制度の建築材料等への拡大等に関する措置を追加しました(平成25年5月31日公布)。
また、その後もそれぞれの措置を具体化するため政令・省令・告示を改定しました。
具体的な内容は、以下のとおりです。

建築物省エネ法

このページの先頭へ