Home > IWASAKIテクニカルレポート > 施設報告 > 大久後トンネルの照明設備(2)

施設報告

大久後トンネルの照明設備 - 広スパン対応型トンネル照明器具の納入事例 -

国内営業事業部 西日本営業部 中部技術設計センター
国内営業事業部 西日本営業部 名古屋営業所

キーワード

大久後トンネル,広スパン,トンネル照明,小型・軽量,均斉度,視認性,コスト縮減

2.照明設計

2.1 設備概要

大久後トンネルの概要を表1に,断面形状を図4に示す。

表1 トンネル概要
道路構造規格 第3種第4級
設計速度(km/h) 30
トンネル長さ(m) 1,183(No.309+7.0~No.368+10.0)
計画交通量(台/日) 1,236
通行方式 対面通行
大型車交通量 111台/日・方向
縦断勾配 3.109%の下り(起点~終点)
平面線形 起点側 L=184.625m R=210m 以降直線
幅員構成 0.5+2.75×2(車道)+0.5
トンネル等級 B級
トンネル内の仕上げ 路面:コンクリート舗装 壁面,天井面:コンクリート
図4 トンネル断面形状

2.2 設計コンセプト

照明設備の設計に当り,次のコンセプトに基づき照明計画を行った。

  1. 環境に配慮した設計と,公共工事コスト構造改革プログラムに沿ったコスト縮減
  2. 視認性の確保(良好な均斉度)

2.3 設計基準値

基本照明
昼間 0.75(cd/m²)
夜間 0.75(cd/m²)
深夜 0.75(cd/m²)
野外輝度
両坑口共に 3,000(cd/m²)

テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ