Home > IWASAKIテクニカルレポート > 施設報告 > 大久後トンネルの照明設備(3)

施設報告

大久後トンネルの照明設備 - 広スパン対応型トンネル照明器具の納入事例 -

国内営業事業部 西日本営業部 中部技術設計センター
国内営業事業部 西日本営業部 名古屋営業所

キーワード

大久後トンネル,広スパン,トンネル照明,小型・軽量,均斉度,視認性,コスト縮減

2.照明設計 (続き)

2.4 器具・光源の選定

トンネルの基本照明は,トンネル内を走行する運転者が前方の障害物を視認するのに必要な,設計速度に応じた最低限の明るさを与えるための照明とし,トンネル全長に亘って設置するものであり,器具・光源の選定要件としては照明効率が高く経済的であり,照明効果が充分に得られること,さらに維持管理に際してはランプの入手や交換が容易であることが必要となる。

これらのことを踏まえ,以下の3種類の照明器具及び光源の組み合わせについて検討を行った。

  1. 低圧ナトリウムランプ 35W(プレス型)
  2. コンパクト蛍光ランプ 45W(  〃  )
  3. 高圧ナトリウムランプ 60W(広スパン対応型)

これらの光源は光束,効率,寿命など光源として具備すべき特性が安定しており,トンネルという使用場所の環境に適合している。そこで,これら3種類の組み合わせにおいて,経済性(照明率),照明効果(均斉度),見え方などについて検討した結果,基本照明には高圧ナトリウムランプ60W+広スパン対応型トンネル照明器具を,入口照明には,高ワットのランプが必要になることから,高圧ナトリウムランプ+一般のプレス型トンネル照明器具を採用した。

尚,比較に当っては,いずれの器具・光源の組み合わせについても,まず最大照明率を得られるトンネル照明器具の取り付け角度を選定し,その照明率における最大取付間隔を決めその取付間隔における均斉度を求め基準値をクリアするかどうかを確認し,クリアしなければ取り付け角度を変更し,変更後の照明率により最大取付間隔・均斉度の確認という作業を繰り返し行い,各器具・光源の組み合わせによる最大取付間隔を決定した。

表2に経済性,また図5に照明効果の比較結果を示す。

10年間のライフサイクルコストの比較を行った結果,高圧ナトリウムランプ60W(NHTD60)+広スパン対応型照明器具の組み合わせが最も経済的であり,低圧ナトリウムランプ(NX35)より31%,ランプ単価の安いコンパクト蛍光ランプ(FHP45)よりも約25%の費用の削減効果が得られることが分かった。また,初期設備費においても低圧ナトリウムランプより27%,コンパクト蛍光ランプよりも約31%安くなるという結果を得た。

表2 トンネル照明経済比較表
 
トンネル照明器具仕様   ステンレス製
プレス加工器具
ステンレス製
プレス加工器具
ステンレス製
プレス加工器具
比較区分   基本照明:NX35W 基本照明:FHP45W 基本照明:NHTD60
項目 単位 基本照明 入口照明 基本照明 入口照明 基本照明 入口照明
ランプの形式   NX35 NHT110 ~ 180LS FHP45W NHT110 ~ 180LS NHTD60 NHT110 ~ 220LS
灯具の形式   KPL035B KPH110B ~ 180B KPFHP0451B KPH110B ~ 180B KPD060BL KPH110B ~ 220B
灯具数 76 34 76 34 48 30
初設備費 7,930,600 3,777,740 8,607,000 3,777,740 5,205,600 3,347,500
初設備費計 11,708,340 12,384,740 8,553,100
100 106 73
年間固定費 746,700 339,666 844,740 339,666 485,520 300,642
年間固定費計 1,086,366 1,184,406 786,162
100 109 72
年間電力費 547,648 221,302 517,404 221,302 484,120 207,119
年間電力費計 768,950 738,706 691,239
100 96 90
年間保守費 2,765,920 907,200 2,232,640 907,200 1,513,020 801,150
年間保守費計 3,673,120 3,139,840 2,314,170
100 85 63
年間運転費
(電力費+保守費)
3,313,568 1,128,502 2,750,044 1,128,502 1,997,140 1,008,269
年間運転費計 4,442,070 3,878,546 3,005,409
100 87 68
年間照明費
(年間固定費+年間運転費)
4,060,268 1,468,168 3,594,784 1,468,168 2,482,660 1,308,911
年間照明費計 5,528,436 5,062,952 3,791,571
100 92 69
表2 トンネル照明経済比較表
図5 輝度分布図

テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ