パルスドキセノン殺菌/滅菌装置

食品加工・包装用途

食品・飲料などの衛生管理の向上、HACCPへの対応など、低コスト、省スペースなパルスドキセノン装置を開発しました。また、食品への照射に対して1996年に米国食品医薬品局(FDA)(パート179)の中に認可されております。

特長

  • 短時間(瞬時)で高レベルの殺菌が可能(特にカビに対して有効)また、瞬時なので対象物への酸化劣化が少ない
  • コンパクトで省スペース(取付が簡単)
  • 瞬時点灯、安定のため、照射を遮断するシャッター機構が不要
  • ワークに熱の影響が少ない
  • ランプには、水銀などの金属が入っていないので環境にやさしく、安全

用途

  • キャップ、缶蓋、デザート容器、シャーレ、カップ等
  • 包装フィルム
  • もち、パン、たまごなどの食品

発光エネルギー別用途

殺菌効果例

対象菌:枯草菌(芽胞)
初発菌数:1.5×10³CFU

窓面からの距離充電エネルギーパルス発光数
1パルス2パルス
20mm80J99.9%99.9%以上
120J99.9%以上99.9%以上
70mm80J96.2%99.1%
120J99.9%以上99.9%以上
  • ※フラット配光タイプ照射器での実験結果です。
  • ※ワーク形状に応じて配光制御することにより、より高い殺菌効果を得ることも可能です。

カタログで詳しく見る

岩崎電気の紫外線殺菌ソリューションを網羅した殺菌・滅菌の総合カタログです。

紫外線殺菌システム/EB滅菌システム

詳しい資料を請求


※Internet Explorerをご利用の場合、PDF閲覧に不具合が生じます。
Microsoft EdgeやGoogle Chromeなど、最新のブラウザをご利用ください。

このページの先頭へ

光に関するお悩み、なんでもご相談ください。

紫外線、電子線を利用した殺菌・滅菌はお任せください。
ご要望を伺い、オーダーメイドいたします。