Home > ニュース > お知らせ > PCB使用安定器の取り扱いについて > PCB含有可能性あり形式が非含有となる条件

PCB使用安定器の取り扱いについて

PCB含有の有無検索/証明書発行サービス

PCB含有可能性あり形式が非含有となる条件

銘板例、口出線の西暦表示例を参考に以下、7項目をご確認ください。

  1. 製造番号は3文字目がアルファベットの5桁
  2. 製造番号は4桁で、2146~8536の範囲内
  3. 口出線の色は黒と白と青のみ(黄色は含めないでください)
  4. 口出線の色は赤より青が多いか同じ
  5. 製造年は「(昭和)48年」以降
  6. 製造年は「(昭和)47年」で、右に続く番号が146~536又は2146~2536
  7. 口出線の西暦表示が1973年以降

以上7項目のどれか1つでも該当すればPCBなし

7項目のいずれにも該当しない場合はPCB含有として取扱いをお願いいたします。

銘板例

口出線の西暦表示例

安定器形式でのPCBの判定は

このページの先頭へ