ライティング講座(照明講座)

照明の基礎知識

グレア評価 - 道路照明の不快グレア評価

関連資料

  • CIE31:Glare and uniformity in road lighting installations(1976)

道路照明器具が連続して配置される場合の不快グレアの程度は、グレアコントロールマーク(G)で評価されます。

G
グレアコントロールマーク
I₈₀
道路平行断面方向の鉛直角80°の光度
50<I₈₀<7,000 (cd)
I₈₀ / I₈₈
同上鉛直角80°の光度と88°の光度の比
1<I₈₀<I₈₈<50
F
同上鉛直角76°の照明器具の発光面積
0.007<F<0.4 (m²)
L
路面平均輝度
0.3<L<7 (cd/m²)
h
目と照明器具の高さの差
5<h<20 (m)
p
1km当たりの照明器具の数(台)
表4.2 評価数と印象(G)
G グレアの程度
1 unbearable (耐えられない)
3 disturbing (邪魔になる)
5 just admissible (許容できる限界)
7 tolerable (あまり気にならない)
9 unnoticeable (気にならない)

(参考文献 CIE31:Glare and uniformity in road lighting installations(1976))

(2020年11月19日入稿)

このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ