道路照明

道路照明

岩崎電気の光技術が、安全・快適・省エネ・環境保全を目指した新時代の道路照明を提案します。

道路照明の重要性

一般的に夜間(日没から日の出まで)は昼間に比べて交通量が減りますが、交通事故件数はそうではありません。たとえば、 昼夜の時間がほぼ等しい3月は夜間の事故件数が昼間を上回ります。また、交差点だけではなく、(十分な照明の配置が難しい と考えられる)単路でも事故が多発しています。道路照明でドライバーの視界を補うことが、いかに重要であるかがわかります。

  • ※参考資料:警察庁交通局作成「交通事故統計(平成30年3月末)」より

道路照明施設設置基準・同解説

道路照明は、夜間において道路状況、交通状況を把握するために良好な視環境を確保し、道路交通の安全・円滑を図ることを目的としたもので、「道路照明施設設置基準」により整備されています。

商品ラインアップ

レディオック ロード

  • 連続照明用・交差点照明用
  • 昼白色タイプ
  • ポールヘッド形・アーム取付形

レディオック ロード 自動車専用道タイプ

  • 自動車専用道タイプ
  • 昼白色タイプ
  • ポールヘッド形・アーム取付形

レディオック ロード エス

  • 連続照明用・交差点照明用・歩道照明用
  • 昼白色タイプ
  • ポールヘッド形・アーム取付形

レディオック ロード 低位置照明

  • 広路肩配光
  • 狭路肩配光

LED停電補償装置 レディオック アンシーン

停電時でも点灯を維持、最大3夜連続点灯。

道路灯適合LEDランプ

道路灯適合LEDランプ

耐雷サージ対策

LED照明器具や電子式電源装置のようなサージ耐電圧の低い半導体を多く使用する製品にとって、誘導雷サージは故障につながる大きな原因となっています。 岩崎電気のLED道路照明では、誘導雷サージによる被害を軽減するような「耐雷サージ」基準を独自に設け、安全性を高めています。

納入事例

このページの先頭へ