おすすめ照明制御システム

社会的背景と照明のいまを知りたい

近年、照明に求められる役割が大きく変わろうとしています。
例えば自然災害後に避難所生活を余儀なくされた、被災者の方々の安全やストレス軽減。
照明の色や明るさを変えることによる気分の変化で、働き方改革に繋げる試みなど、明るさ+αが期待されています。

また、国際的には2015年に国連において採択されたSDGs、2016年には温室効果ガス削減に取り組むことを約束した「パリ協定」が発効され、循環型社会の構築や地球温暖化対策など、環境負荷低減社会の実現に向けた取組みも活発になっています。

このようなニーズに応えるべく、岩崎電気では「安全、安心」「環境への配慮」を中心に、照明に制御を組合せた最適な「あかり環境」を提案していきます。

※「Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標」2030年までに17分野の目標達成を目指す。ターゲットには「再生可能エネルギーの利用」や「強靱(きょうじん)なインフラ構築と持続可能な産業化・技術革新の促進」、「気候変動への対策」など企業単位でも取り組めるものが多くある。

パリ協定締結

2016年には全ての国が温室効果ガス削減に取り組むことを約束した新たな国際枠組み「パリ協定」が発効。日本の温室効果ガス削減目標量が制定されています。

防災・減災に関わる照明の必要性が高まる

近年の自然災害多発、特に北海道胆振東部地震により夜間災害における照明の必要性が高まってきました。
懸念される南海トラフ地震への対策も検討されています。トレンドは環境対策から環境+災害対策へ。

避難者の安全、安心を確保

災害時に避難生活をおくる地域の学校、体育館は適切な明るさを低電力で供給することが求められます。
また、就寝時の明るさ調整が必要で、調光により夜間の安全、安心を確保します。

働き方改革

より快適な職場で作業効率を高める環境づくりにも照明制御が活かされています。
朝・昼・夕方ごとに照明の色味やあかるさを変えたり、休憩時間にはリラックスモードや、定時退社を促すあかるさの切り替えも可能です。
照明制御によるより良い環境づくりは、働き方改革にも貢献します。

水銀に関する水俣条約

水銀ランプの製造・輸出・輸入が2021年以降禁止となりました。

従来のHIDや蛍光灯からLEDに替わることで細やかな調整が可能

調光やセンサとの連動により制御システムが効果的に活用できます。操作を簡単にすることで、利用しやすさも向上します。

省エネや演出のニーズに応じた制御システムが市場に浸透

DALI、DMXなど多様化するニーズに対応した照明制御が可能になりました。

このページの先頭へ