LEDioc LEDライトバルブ

安全上のご注意

警告

※製品の取扱いを誤った場合、死亡又は重傷を負うことが想定される危害の程度を示します。

  • 専用の電源ユニット以外では絶対に使用しないでください。ランプの破損、発煙又は点灯回路損傷のおそれがあります。
  • 商用電源へ直接接続したり、HID用安定器二次側などで使用した場合、ランプの破損、発煙又は点灯回路損傷のおそれがあります。
  • 調光機能の付いた照明器具及び回路では使用できません。不点灯や短寿命のおそれがあります。
  • 取付け、取外し又は器具清掃の際は、必ず電源を切ってください。感電のおそれがあります。

注意

※製品の取扱いを誤った場合、傷害を負うことが想定されるか又は物的損害が想定される危害・損害の程度を示します。

  • 紙又は布で覆ったり、燃えやすいものに近づけないでください。火災又は器具過熱のおそれがあります。
  • 落としたり、物をぶつけたり、無理な力を加えたり、きずつけたりしないでください。特に器具清掃の際はご注意ください。破損した場合、落下や破片の飛散によるけがのおそれがあります。
  • 万一、発煙や異臭などの異常を感じた場合、直ちに電源を切って使用を中止してください。異常状態のまま使用しますと火災、感電のおそれがあります。
  • 点灯中又は消灯後しばらくは、ランプが熱いので絶対に手又は肌を触れないでください。やけどのおそれがあります。
  • 引火する危険性のある雰囲気(ガソリン、可燃性スプレー、シンナー、ラッカー、粉じんなど)で使用しないでください。火災や爆発のおそれがあります。
  • 酸、アルカリなどの腐食性雰囲気の所では、使用しないでください。口金腐食や漏電及びランプ落下、破損によるけがのおそれがあります。
  • 油類・薬品などが付着する所では、使用しないでください。樹脂カバーなどの劣化(ソルベントクラックなど)によるランプ落下、破損によるけがの原因となることがあります。
  • ソケットに確実に取付けてください。ランプ落下のおそれがあります。
  • ランプの大きさ(外径、長さ)及び重さを十分考慮した適合器具で使用してください。器具落下のおそれがあります。
  • 振動又は衝撃のある所では、ランプの使用はしないでください。ランプ落下、破損によるけが、又は器具過熱のおそれがあります。
  • ランプの樹脂カバーに亀裂が生じた場合、そのままの状態で使用しないでください。カバーの落下、浸水により感電、ランプ故障のおそれがあります。
  • 塗料などを塗らないでください。ランプが過熱し、破損によるけがのおそれがあります。
  • 既設の照明設備で点灯する場合には、照明器具、配線に絶縁劣化がないことを点検のうえ、使用してください。漏電事故などのおそれがあります。
  • ランプを長時間直視しないでください。目の痛みや視力障害のおそれがあります。
  • 冠水するおそれのある場所では使用しないでください。漏電、感電、故障のおそれがあります。
  • じんあい(塵埃)の多い所では、ランプは使用しないでください。器具過熱のおそれがあります。
  • 56W・70W・103Wは必ず垂直でご使用ください。斜めに設置すると振動などによりソケットが破損する場合があります。

ご使用上の注意

  • 使用時間の目安は、定格寿命(40000時間)、又は8〜10年となります。外観に異常がなくても内部の劣化は進行しますので、定格寿命を経過したランプは交換をおすすめします。破損や落下、それにともなうけがのおそれがあります。
  • ランプは、下記の環境・条件では使用しないでください。火災・感電・ランプ落下によるけがのおそれがあります。
    • 点灯時の周囲温度が使用温度の範囲を超える所※1
    • 湿度の高い所(85%を超える所)
    • 振動・衝撃のある所
    • 腐食性ガス、可燃性ガスの生じる所
    • 油類、薬品などが付着する所
    • 粉じんの多い所
    • 塩素を使用している屋内プール
    • 塩害のおそれのある所

    ※1:ランプは、組合せる器具の使用温度範囲内で使用してください。

  • 口金部は防水構造となっていないため、専用器具以外で使用すると浸水により絶縁不良・感電・故障の原因となるおそれがあります。
  • 施工時などの一時的な点灯確認以外で、日中は点灯しないでください。不点灯や短寿命のおそれがあります。
  • 調光機能(100%点灯でも使用不可)、遅れスイッチ、及びセンサライトには使用できません。不点灯や短寿命のおそれがあります。
  • 口金変換アダプタは、使用しないでください。接触不良による不点灯や短寿命のおそれがあります。
  • 分解や改造は絶対に行わないでください。LEDの交換はできません。
  • ランプに向けて殺虫剤を噴霧しないでください。変色やランプひび割れのおそれがあります。
  • LED素子は、光色、明るさにばらつきがあり、同じ形式の商品でも光色、明るさが異なることがあります。
  • ラジオやテレビなどの音響、映像機器を使用しますと、雑音のおそれがあります。雑音が入る場合は距離を離して使用してください。
  • ランプが汚れた場合、必ず電源を切り、ソケットから外した状態で柔らかい布などをよくしぼって水拭きしてください。洗剤、薬品、アルコール、シンナーなどを使用しての拭取りは、ランプひび割れのおそれがあります。
  • 横向きでランプを使用する場合、適合器具の確認と防振パッキンと適合する電源ユニットとの組合せが必要です。弊社営業所にお問合せください。
  • 開放形街路灯器具は、器具側のソケットとLEDライトバルブのネック部を密着させる「防水パッキン」で防水構造となります。長年使用している既存器具においては、パッキンが劣化していることが想定されますので、新品の防水パッキンにお取替えいただくことをおすすめします。なお、コーキング処理などの対応はできません。
  • 適合器具は一般的な防犯灯、街路灯となります。
  • 下面開放形器具や水平点灯にてご使用になる場合は、必ず弊社営業所へお問合せください。商品仕様によっては、適合しない場合があります。
  • 道路灯や防犯灯などの配光制御を行う器具で使用すると照度基準を満足しない場合があります。

このランプには、専用の電源ユニットが必要です。

  • 必ず専用の電源ユニットと組合せて使用してください。商用電源へ直接接続したり、HID用安定器の二次側などで使用した場合、ランプの破損、発煙、又は点灯回路損傷のおそれがあります。
  • 電源電圧は、電源ユニットに指定された電圧の範囲内でご使用ください。
  • 電源ユニットの二次側からランプまでの管灯回路の配線長さは、15m以下で使用してください。不点灯、雑音のおそれがあります。使用する電線は、電源ユニットの口出線と同等以上のものを使用してください。
  • ランプを脱着する場合、必ず電源を切ってから行ってください。通電状態でランプの脱着を行うと、無負荷電圧によりLED部が破損する場合があります。

このランプには、極性があります。

  • 照明器具及び配線を点検し、電源ユニット及びランプの極性(+、-)を合わせて配線してください。LEDライトバルブは逆接続しても壊れませんが、ランプは点灯しません。
  • 必ず回路図の通りに結線してください。また、二次側に共通線を設けないでください。
  • 電源ユニットには、下記の安全機能が装備されています。
    • 絶縁回路の採用
      商用交流電源(一次側)とLED回路(二次側)を絶縁トランスで分離した回路構成としており、万が一、LED回路(二次側)の片側に触れてしまっても感電しません。

      ※結線作業は必ず電源を切って行ってください。

    • 過電流保護機能
      規定値以上の電流が流れた場合に動作する非復帰方式のヒューズを内蔵。過電流による事故を防止します。
    • 温度保護機能
      電源ユニットがなんらかの異常で高温※2になった場合、電源供給を遮断します。
      動作後、一定温度まで下がってから電源をリセットし再度入力すると、電源供給を再開します。

    ※2 電源ユニットの使用温度範囲は-25℃~+40℃になります。

重要:取付前の確認

  • 既設の照明設備で点灯する場合は、照明器具、配線に絶縁劣化がないことを点検のうえ、使用してください。点検で異常が確認された場合は、器具ごと交換してください。
  • 既設の照明器具の寿命の目安は、8〜10年です。LEDランプに取替えてご使用いただく場合は、安全のため既設器具の寿命内でご使用ください。自動点滅器をご使用の場合は、同時に交換することをおすすめします。
  • 既設の照明設備でセルフバラスト水銀ランプや2灯用安定器を使用していた場合は、電源ユニットの設置が可能かご確認ください。
  • ランプは、下記の器具には取付けできません。火災・感電・ランプ落下による事故のおそれがあります。
    • セード・ダウンライト形照明器具
    • 小形密閉器具
    • ランプと反射板又は遮光ルーバなどとの隙間が狭い器具
      上記以外に、器具の種類によって寸法、温度、その他の状況により使用できない場合があります。
    • 屋外用水平点灯形器具は、個別に確認が必要です。別途、配光、温度の確認及び防振パッキンが必要になります。
    • 下面開放形器具は別売の落下防止ワイヤを取付けることにより、適合とします。ただし、器具ごとにワイヤの取付箇所やワイヤの必要長を確認して使用してください。
    • 照明器具との適合可否は、最寄りの弊社営業所までお問合せください。
  • ランプをソケットに取付ける際は、ランプの樹脂カバーに過度な力を加えないよう、適度にねじ込んでください。強くねじり過ぎるとカバーが外れたり、器具ソケットの受金が破損する原因となることがあります。
  • 照明器具ソケットの受金及び中心接触片が腐食していないか確認してください。接触不良による事故の原因となることがあります。
  • E39→E26変換アダプタは、使用しないでください。ランプ落下や感電などのおそれがあります。

次のような器具には使用できません。

  • セードやダウンライト形照明器具
  • 調光・センサ機能の付いた照明器具及び回路(100%点灯でも使用不可)
  • 誘導灯、非常用照明器具、防爆用器具
  • 断熱材施工器具
  • 小形密閉器具
  • ランプと反射板または遮光ルーバなどと隙間が狭い器具
  • 水平点灯形器具 (29Wは除く)
  • 投光器

このページの先頭へ