Home > ニュース > お知らせ > 2015 > 2020年に白熱電球、蛍光灯製造が禁止されることはありません

蛍光灯製造に関するマスコミ報道について

2015年12月3日

(修正)2018年4月19日

2020年に白熱電球、蛍光灯製造が禁止されることはありません

最近、新聞、テレビ等で白熱電球や蛍光ランプが2020年をめどに実質製造禁止となるという報道がなされましたが、
2020年に白熱灯(白熱電球)、蛍光灯(蛍光ランプ)製造が禁止されることはありません。

エネルギー消費効率の高い製品の普及促進をめざし、製造事業者等に機器等のエネルギー消費効率の向上努力を求めているトップランナー制度に関して、照明製品を一本化した新たなトップランナー制度の導入検討がこれから開始されますが、これは2020年に白熱灯(白熱電球)、蛍光灯(蛍光ランプ)の製造を禁止するものではございません。

なお、新たなトップランナー制度につきましては、現時点で具体的な内容は一切決まっておりません。

詳しくは、一般社団法人 日本照明工業会サイトをご確認ください。

補足訂正(2018年4月19日)

本記事は、公開当時の報道発表を受け、当時の事実としてお伝えしたものですが、上記ご説明した理由によらず、弊社として「蛍光灯照明器具」「蛍光ランプ」の生産終了を決定いたしました。
詳細は下記をご覧ください。

このページの先頭へ