Home > 納入事例 > 防犯照明 > 県道石筵本宮線 横断地下道

納入事例

防犯照明

県道石筵本宮線 横断地下道福島県安達郡大玉村

コンパクトなLED投光器で歩行者を安全に照らし出す

Myリストに追加
  • LED
  •  

施設概要

施主
福島県
施工
鉄建建設(株)
電気工事
東海電機(株)
受託
東日本高速道路(株)東北支社

福島県郡山市熱海町から本宮市に至る一般県道石筵本宮線と東北自動車交差部の高速道路下部に、歩行者用の横断地下道が新設されました。地域住民の方々の安全を守る横断地下道を照らす照明については、車道用トンネル器具との比較検討を行い、最終的にLED投光器が採用されました。コンパクトで取付角度もフレキシブルなLED投光器「レディオック フラッド ポケット」は、必要な場所を効率良く照らし、省エネ、CO₂削減に貢献します。また、電流値を抑えることで推定寿命60000時間の長寿命形となっています。

主な納入器具

  • LED投光器 レディオック フラッド ポケット (レンズ形白色LED 1.2W×24) - 8台

このページの先頭へ