Home > IWASAKIテクニカルレポート > 施設報告 > 狭山スキー場照明設備(2)

施設報告

狭山スキー場照明設備 - 納入施設例 -

営業技術部 東日本技術設計センター 早苗 陽平
営業技術部 LCS 阿部 哲紘
ライティングソリューション事業本部 民需特販営業部 東京第二営業課 石井 一郎

キーワード

狭山スキー場,屋内スキー場,LED投光器,フルカラーLED投光器,追跡照明

2.照明設計(つづき)

2.4 演出プラン

図9 照明制御システムイメージ

照明制御の方法として,簡単に操作できるようにON・OFFおよび6パターンの演出をボタン一つで切り替えできるようにした(図9)。

関係者様と打合せや実験を行い,演出プログラムは6パターン用意した。イベントで使用するということもあり,そのコンセプトに合わせたものを作成した(図10)。

図10 演出パターン一覧

例えば,週末のオールナイト営業の日に,LEDの演出カラーと同じ色を身につけているお客様にご利用料金の割引サービスを行う“カラーナイトデー”とったイベントで使用されている。そのほか,クリスマスやバレンタインなど,さまざまなイベントに合わせて演出が行われる予定である。

図11,図12にカラーグラデーションで演出したゲレンデの写真を示す。

図11 ピンクのグラデーション

図12 紫〜緑のグラデーション

3.設備概要

3.1 照明機器

照明機器については,メイン照明が投光器であること,梁で隠れるような大きさの器具であること,天井面をきれいにしたいというコンセプトがあったので,電源装置内蔵タイプの高天井用照明器具「LEDioc CEILING HB」を採用した。この器具は本体の色が白色(標準色)なので景観とも合っている。また,光源色は既設ランプの4200Kに対し,5000Kの昼白色を採用した。これによりゲレンデの雪の白さを際立たせる効果と,施設全体をより澄んだ明るい空間になるようにした。

演出照明に関しては,フルカラーLED投光器「LEDioc FLOOD FULL-COLOR(120Wタイプ,狭角配光)」を採用した。複数の演出パターンに対応するため,照明用制御装置「LEDioc Color Controller(DMXコントローラ)」で制御している。専用ソフトウェアにより作成した照明演出プログラムをDMXコントローラに入力し,投光器を制御する。

照明設備の一覧を表2に示す。

表2 設備一覧
区分 機種 形式 数量(台) 配光タイプ 光源色 相関色温度(K) 平均演色評価数(Ra) 定格光束(ℓm) 消費電力(W) 定格寿命(時間)
ゲレンデ照明 LEDioc CEILING HB
(タイプF)
EHCL17751W/NSAN8 115 広角 昼白色 5000 70 20000 166 60000
リフト照明 LEDioc FLOOD NEO® ECF0687N/SA1/2/2.4/W 35 中角 昼白色 5000 70 5700 60 60000
演出照明 LEDioc FLOOD FULL-COLOR 器具:E36101N/FCSAN8
電源:LE102RGBHSD1/2.4-A1
4 狭角 - - - 6000 120 40000
LEDioc Color Controller
(DMXコントローラ)
FCS-DMX-B 1 - - - - - - -

3.2 省メンテナンス

本施設では,照明器具は高所に設置されており,足場となる部分は雪上となっているため,ランプ交換はシーズン終了までできなかった。LEDioc CEILING HBの定格寿命は60000時間,LEDioc FLOOD FULL-COLORの定格寿命は40000時間と長寿命であり,ランプ交換も不要であるため,メンテナンスの省力化を図ることができる。

4.おわりに

設計コンセプトに基づき,器具を削減しながら明るさも既設照明と同等以上の明るさを確保しつつ,約69%の省エネに貢献することができた。また,光源が見えないようにすること,フルカラーLED投光器によりゲレンデに演出性を持たせることで,今まで以上に安全かつ楽しんでいただける施設になった。

多彩な光色を自在に表現できるフルカラーLED投光器は,景観の演出だけではなく,多くの方々にご来場いただける魅力的なスポーツ施設づくりにも活用することができる。今後もLED投光器の提案とともに,フルカラーLED投光器による演出も提案する機会が増えることを期待したい。

最後に,狭山スキー場の照明設備改修にあたり,弊社の照明器具をご採用いただいた西武鉄道株式会社様ならびにご指導,ご協力をいただいたすべての皆様に心より感謝を申し上げる。

この記事は弊社発行「IWASAKI技報」第38号掲載記事に基づいて作成しました。
(2018年5月14日入稿)

納入事例


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ