Home > 納入事例 > トンネル照明 > 本山トンネル

納入事例

トンネル照明

本山トンネル茨城県日立市

「レディオック トンネル KWEシリーズ」でトンネルを明るく照らし安全・快適な視環境を創出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • トンネルの出入口付近には抗外灯としてLED道路灯「レディオック ロード」が設置されている。

施設概要

施主
茨城県高萩工事事務所
設計
サンコーコンサルタント(株)
施工
金沢産業(株)

竣工

2020年8月

本山トンネルは、茨城県日立市から常盤大宮市山方に至る県道36号立山方線に位置し、日立市宮田町~入四間町を結ぶ延長942mのトンネルです。1989年12月に開通した本山トンネルの上には旧隧道(旧本山トンネル)が存在しますが、開通後はコンクリートによって完全に封鎖されています。

トンネル照明については、これまで使用してきた低圧ナトリウムランプの生産終了に伴い、2020年8月にトンネル照明設備工事を実施し、LEDへシフトしました。LEDトンネル照明には、入口照明・基本照明ともにアルミきょう体LED器具「レディオック トンネル KWEシリーズ」をご採用いただき、明るさの向上を図るとともに、環境負荷の低減、省エネを実現しました。

また、トンネル内部の明るさを常に最適な状態に制御するため、昼間は晴天か曇天点灯へ、夜間は夜間点灯へと3パターンを受光器で感知して自動で切り替える自動調光装置を設置し、ドライバーが安全に走行できる快適な照明環境を提供しています。

主な納入器具

このページの先頭へ