Home > 納入事例 > トンネル照明 > 東北中央道 国道13号線・尾花沢新庄道路 舟形トンネル

納入事例

トンネル照明

東北中央道 国道13号線・尾花沢新庄道路 舟形トンネル山形県尾花沢市

トンネル照明のLED化により、大幅な省エネを実現しつつ、安全で快適な照明環境を創出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 初期光束補正機能を装備し、設計寿命90000時間のLEDトンネル用照明器具でトンネル内を照らし、均斉度の高い良好な照明環境としている。

施設概要

施主
国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所
施工
(株)三栄電機工業

竣工

2020年3月

舟形トンネルは、山形県尾花沢市尾花沢から新庄市松本に至る延長18.2kmの自動車専用道路「尾花沢新庄道路」に設置されている、延長1368mのトンネルです。1日の交通量は10000台以上で、県内の交通アクセスには欠かせないトンネルとして機能しています。

国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所では、2020年3月に既設HID照明をLED化するトンネル照明設備工事を実施しました。LED化にあたっては、1日の計画交通量が13496台、設計速度が70km/hであり、高い平均路面輝度が求められるトンネルを照らす光として、発注時はステンレスプレスLED器具での設計でしたが、機材仕様書の改定もあり、アルミきょう体LED器具による台数削減の提案を行いました。その結果、発注時のステンレスプレスLED器具の数量271台に対し、当社アルミきょう体LED器具「レディオック トンネル KAEシリーズ」の提案で192台までの削減ができました。配光性能・電気特性の大幅な向上により、ステンレスプレスLED器具よりも概ね45%以上の電気容量の削減を実現しています。また、電気容量の削減に伴い、既設のHID照明に比べて大幅に電気使用量を削減でき、約60%以上の省エネを達成しました(当社経済比較表による)。

LEDへ変更することにより視環境も大幅に向上し、トンネル走行時の安全性を高めています。

主な納入器具

このページの先頭へ