Home > 納入事例 > トンネル照明 > 国道457号 九の森トンネル

納入事例

トンネル照明

国道457号 九の森トンネル宮城県仙台市泉区

木々に覆われたトンネルを省エネに貢献するLEDの光で明るく安全に照らし出す

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 大和町側からのトンネル夜景。

施設概要

施主
仙台市
設計
(株)復建技術コンサルタント
(株)山洋設備設計
施工
(株)ユアテック

竣工

2017年7月

九の森トンネルは国道457号線沿い、仙台市の北に位置する泉区と大和町の境界近くにある延長291mのトンネルです。竣工は1990年9月で、より安全で円滑な交通を確保するために数年前からLED照明への更新を計画していました。そして2017年7月、LED照明化工事を実施し、大幅な省エネと省メンテナンスを実現しました。

緑が茂る九の森トンネルは木々に覆われ、森の中を走っているような幻想的な感覚になるトンネルで、抗口に設置されたLED道路灯「レディオック ロード」と、トンネル内5mの高さに設置されたLEDトンネル用照明器具「レディオック トンネル」が入口及びトンネル内を明るく照らし、ドライバーに安全で快適な照明環境を提供しています。

入口から出口が見えるほど真っすぐに伸びているトンネルのため、むらなく均斉のとれたあかりを提供できるように配慮した照明配置計画を行いました。

このページの先頭へ