Home > 納入事例 > 道路照明 SA・PA > 東名道 駒門パーキングエリア(下り)

納入事例

道路照明 SA・PA

東名道 駒門パーキングエリア(下り)静岡県御殿場市

富士の雄大な姿をのぞむことが出来るパーキングエリアの屋外照明プラン

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 施設全景夜景。省エネに貢献する「レディオック エリア アリビオ」で駐車場の夜間の明るさを確保している。

施設概要

施主
中日本高速道路(株)東京支社
設計
(株)東峯技術コンサルタント
施工・電気工事
(株)岡電

竣工

2017年4月

お客様の声:中日本高速道路(株)東京支社 沼津工事事務所/和田 浩様

東名高速道路の御殿場IC~裾野IC間に、新しい駒門パーキングエリア(下り線)が2017年4月、オープンしました。駐車台数は大型35台、小型50台です。また、一般国道246号線と隣接することから、一般道からもご利用いただけるよう、出入口及び駐車場(ぷらっとパーク)も整備されています。

ぷらっとパークには大型車用の駐車マスが整備されています。駐車場や歩道照明については省エネの観点からLED照明器具を採用し、駐車場には「レディオック エリア アリビオ」及び「レディオック テニスター」を、歩道照明には「レディオック エリア クオリス タイプD」を設置。

駒門PAは富士山の裾野に位置し、晴れた日には雄大な富士の姿をのぞむことが出来ることから、「レディオック エリア アリビオ」のポール高さを5mとし、富士山の眺望を確保しています。また、照明ポールの乱立を避けるためにカメラや拡声放送スピーカーを共架させ、塗装色も場所性を考慮の上、ダークブラウンとするなど環境との調和を重視した照明プランとしました。

このページの先頭へ