Home > 照明器具・照明分野 > 投光器 > レディオック テニスター

LEDioc TENNISTER(レディオック テニスター)

優れた配光のテニスコート専用器具

屋外テニスコート用に設計されたレディオック テニスターは、光害を防ぎ夜間でも安心してプレーが楽しめます。

  • 屋外テニスコート照明

特長

JIS照度基準に準拠した配光性能

テニスコート面を高い照度均斉度で効率よく照明し、かつ適切な空間照度の確保やまぶしさを軽減するなど、プレイヤーの快適性に配慮した配光性能です。

テニスコートに特化した配光制御

  1. コート全面を高い照度均斉度で効率よく照明できる配光性能
  2. プレイヤーの快適性を向上するまぶしさの軽減
  3. 空間の明るさを確保してロビングボールの視認性も向上
  4. 配光制御でコート外への光漏れを抑制

低誘虫で夜間プレーも快適

LEDは虫が好む波長の光が少ないため、虫が寄付きにくい光源です。虫の飛来を気にすることなく快適なプレーができます。

小形・軽量化

従来HID照明器具※1と比較して受圧面積比53%の小形化(0.128m²→0.060m²)、質量比で43%の軽量化(27.4kg→15.5kg)を実現しました。

※1 HID屋外テニスコート用照明器具 H8152A(B)

マルチ取付構造で既設器具からのリニューアルに対応

角度変更機能

マルチ取付構造の採用で、3種類の取付ピッチに対応。
角度変更機能でアーム角度に合わせた適切な取付が可能となり、既存設備を有効利用できます。
また、設置後の角度調節も可能です。

3種類の取付ピッチに対応

初期照度補正機能

初期照度補正機能とは、設置初期からの設計照度を上回る過剰な明るさを抑え、寿命末期まで一定の明るさを維持する機能です。設置初期の明るさを抑えることで省エネルギー化が可能です。

設計例

設計照度:500ℓx、コート2面

凡例

記号
照明柱 種類 1灯用 2灯用(70°) 4灯用
高さ 6.3m
基数 4基 4基 1基
器具台数 16台

維持照度及び計算範囲

計算範囲 コートA、B(16m×36m)
平均照度 526ℓx
最小照度 341ℓx
均斉度(最小/平均) 0.64
グレア最大値 GR 47
  • A一般形HID屋外テニスコート用照明器具(メタルハライドランプ 1000W)
  • Bレディオック テニスター 400クラス

台数

  • A 16台
  • B 16台

台数同数

電気容量

  • A 17.36kW(1085W×16台)
  • B 6.55kW(409W×16台)

約62%省エネ

  • ※消費電力は、HID:入力電圧200V時、LED:初期照度補正機能による40000時間平均値の特性を示します。

設計条件

推奨照度範囲 500ℓx
照明範囲 コート2面・36m×32m=1152m²

このページの先頭へ