Home > 納入事例 > 道路照明 SA・PA > 新東名道 駿河湾沼津サービスエリア

納入事例

道路照明 SA・PA

新東名道 駿河湾沼津サービスエリア静岡県沼津市

景観と環境に配慮した高品質な光で快適な照明環境を創出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 「リゾートマインド」をコンセプトにしているNEOPASA駿河湾沼津(上り)夜景。レディオック エリア ミーティスDがサービスエリア内をやさしく照らし出す。

施設概要

施主
中日本高速道路(株)東京支社 沼津工事事務所
電気工事
栗原工業(株)

竣工

2012年4月

お客様の声:中日本高速道路(株)東京支社 沼津工事事務所様

駿河湾沼津SAは上下線ともに駿河湾を一望できるロケーションにあり、新東名高速道路で唯一オーシャンビューを楽しめるサービスエリアです。エリア内のNEOPASA駿河湾沼津は「リゾートマインド」をコンセプトに、上り線は地中海の港町をイメージさせ、下り線は眼下に広がる海をモチーフにしたデザインとなっています。駐車場照明や歩道照明灯については、景観に十分配慮しポールの高さをコントロールするとともに、LED照明を多用し省エネに貢献する光で安全・快適な照明環境を創出しました。本線の道路照明灯に関しては、白色光で長寿命のセラミックメタルハライドランプを光源としています。本線3車線及び本線分合流部用5車線に対応でき均斉度の高い照明環境とするため、また路肩に余裕を持たせた広幅員の道路に対応できるよう2灯用の道路照明器具を選択しました。

主な納入器具

このページの先頭へ