Home > 納入事例 > 道路照明 高速道路 > 熊本西環状道路

納入事例

道路照明 高速道路

熊本西環状道路熊本県熊本市西区・北区

交通アクセスの向上に寄与する新しい道を安全に照らすLEDの光

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 和泉IC付近夜景。新しく開通した自動車専用道路を「レディオック ロード」が安全・快適に照らしている。

施設概要

施主
熊本市
電気工事
西邦・九設・東鋼建設工事共同企業体、
(株)ゼクシオ、
(株)育栄電設

竣工

2017年2月

熊本西環状道路は、熊本市の西部に位置する金峰山山系の東側山麓部を通過する延長約12kmの自動車専用道路です。熊本港線と国道3号線を結び、6箇所のインターチェンジ(IC)から出入りを行い、速度サービスレベルは時速80km/h(暫定2車対面通行時は70km/h)となっています。

本路線は熊本環状道路の一環を形成し、都市部に集中する自動車交通を適切かつ効率的に分散導入することにより、都市活動の活性化に寄与するとともに、熊本市西部地域の利便性を支える道路です。2016年4月に発生した熊本地震もありましたが、2017年3月、花園工区(約4km)が開通しました。

今回開通した区間にある全長700mの貢トンネルの照明設備については、大幅な省エネと省メンテナンスを実現するLEDトンネル用LED照明器具「レディオック トンネル」を設置し、トンネル内を安全に照らしています。また、和泉IC、花園IC付近には車道側へ光を集中することで高照明率化を実現したLED道路灯「レディオック ロード」を採用いただき、自動車専用道路を効率の良い光で安全かつ快適に照らしています。

主な納入器具

このページの先頭へ