Home > 納入事例 > 公園・街路照明 駐車場 > 三井ショッピングパーク ららぽーと富士見

納入事例

公園・街路照明 駐車場

三井ショッピングパーク ららぽーと富士見埼玉県富士見市

賑わいのある魅力的な大型ショッピングセンターの屋外空間を省エネに貢献するLEDのあかりで快適に照らし出す

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • エントランス付近夜景。歩道部にはレディオック エリア タイプDが設置され、リング部の広がりのある光で賑わいのある空間を華やかに照らしている。

施設概要

施主
三井不動産(株)
電気工事
(株)ユアテック
設計・施工
(株)安藤・間

竣工

2015年3月

三井ショッピングパーク ららぽーと富士見は、埼玉県富士見市に2015年4月、グランドオープンしたリージョナル型ショッピングセンターです。三井不動産のリージョナル型ショッピングセンターとしては全国で13施設目となり、北関東エリアにおける旗艦店と位置付けています。開発面積は約177,000m²、鉄骨4階建ての商業棟と立体駐車場を合わせた延床面積約185,000m²、店舗面積約80,000m²という規模を誇り、セレクトショップやインポートブランド、スポーツ・アウトドア、百貨店、シネマコンプレックス、クリニックモールなど、100種類以上の業種、293店舗が出店する東武東上線沿線エリアで最大級の商業施設です。ららぽーと最大面積となる約42,000m²の緑化面積を持つ屋外空間には、ランニングコースや健康遊具を併設した緑地公園、ドッグラン、バーベキュー広場、フットサルコートなどを設け、「気分まで良くなるショッピング」を実現する緑溢れる空間となっています。

平面・立体・屋上合わせて約4,600台収容の駐車場を完備、最寄り駅からの路線バスもあり、オープン以来、ショッピングを楽しむ多くのお客様で賑わいをみせています。ららぽーと富士見では、共用部の照明にLEDを採用し、一部に壁面緑化、屋上緑化、フェンス緑化を取り入れるなど、環境に配慮したさまざまな取組みを実施。屋外空間を安全に照らす屋外照明についても、省エネに貢献するLED照明を採用しました。駐車場や施設内の道路、歩行者のための通路を照らす照明にはLED道路灯「レディオック ロード」及びLED街路灯「レディオック エリア アリビオ・レディオック エリア タイプD」を、バスロータリーに面したエントランス付近にはハイブリッド風力太陽灯「アイバード」を設置するなど、場所に応じて適切なLED照明器具を選択し、省エネ・省メンテナンスと質の高い視環境を両立させています。

施設内にある約8,700m²の広さを持つ緑地公園にも、LED街路灯「レディオック エリア ミーティスD」やLEDスポットライト、ハイブリッド風力太陽灯「アイバード」などを設置しました。また、国道254号に面している入口付近の看板照明には、LED投光器「レディオック フラッド ブリッツ400W」を設置し、むらなく看板を均一に照らし出すことで夜間の視認性を高めています。市役所に隣接すると同時に、周辺には田園地帯が広がる地域に立地することもあり、低誘虫性光源のLEDは虫の寄り付きを抑制することが出来る点にも着目しました。「人・モノ・文化が交差する新拠点~CROSS PARK」をコンセプトとする施設にふさわしい、環境に配慮した良好な屋外照明環境を創出することが出来たと考えています。施設内にある約8,700m²の広さを持つ緑地公園にも、LED街路灯「レディオック エリア ミーティスD」やLEDスポットライト、ハイブリッド風力太陽灯「アイバード」などを設置しました。また、国道254号に面している入口付近の看板照明には、LED投光器「レディオック フラッド ブリッツ400W」を設置し、むらなく看板を均一に照らし出すことで夜間の視認性を高めています。市役所に隣接すると同時に、周辺には田園地帯が広がる地域に立地することもあり、低誘虫性光源のLEDは虫の寄り付きを抑制することが出来る点にも着目しました。「人・モノ・文化が交差する新拠点~CROSS PARK」をコンセプトとする施設にふさわしい、環境に配慮した良好な屋外照明環境を創出することが出来たと考えています。

このページの先頭へ