ソーラーLEDブロック・タイル

ソーラー自発光システムで電源とランニングコスト不要!

災害などの非常時にも誘導灯として効果を発揮

歩行空間の安全を高めるバリアフリー・ユニバーサルデザイン化への意識が高まっています。
ソーラー自発光システム「ソーラーLEDブロック・タイルシリーズ」は夜間時、光による境界明示や注意を喚起して歩行者の安全性を確保します。
また、自然エネルギーを活用した〈ソーラー自発光システム〉の太陽電池と、電気2重層コンデンサのジョイントで、環境と省エネに配慮。
災害時など非常の際も、歩行者の誘導灯としての機能を発揮します。

ラインアップ

ソーラーLEDブロック

歩道や公園の遊歩道などの境界明示や誘導に。鮮やかな色で夜間の歩道をやさしく照らします。コンパクトタイプもラインアップ。

ソーラーLEDタイル

外構タイル面と調和する薄型タイプ。

ソーラーLEDガラスブロック

ガラスの特性を活かした明るさ感のある上質な光。

ソーラー自発光システムの仕組み

※施工前のご注意 : 夜間でも周囲からの漏れ光などで50ℓx以上の場所では点灯しない場合があります。設置環境にはご注意ください。

4つの特長

長寿命でメンテナンスフリー

電気2重層コンデンサの採用で従来の蓄電池交換が不要です。 また、発光部はLEDなので球切れの心配が少なく、面倒な配線工事も必要ありません。

全天候に対応(設置条件による)

電気2重層コンデンサへの蓄電は、高効率の回路システムとアモルファスソーラーを採用し、低照度(曇天・雨天時)でも充電が可能です。
使用温度範囲も広く(−5℃~+35℃)幅広い地域での設置が可能です。

環境に配慮

自然の太陽光エネルギーを活用し、蓄電部にも有害な重金属(鉛やカドミウム)を含んでいませんので環境に悪影響を与えません。

高耐久設計

本体は、衝撃に強い高耐久設計。
さらに、密閉化構造により風雨などの影響を受けません。

ソーラーLEDシリーズの安全機構

「湿潤状態のすべり抵抗値をBPN40以上」をクリア(東京都福祉のまちづくり条例に準拠)。
さらに、コーナーエッジのテーパを1mmにし、地面との段差を少なくするなど、安全性への配慮を高めています。

オリジナルデザインも製作(SLB100タイプのみ)

シンボルデザイン、社名、ロゴ、案内表示など多様なデザインで製作 可能です。当社営業所へお気軽にお問合せください。

このページの先頭へ