Home > 納入事例 > 公園・街路照明 駐車場 > 偕楽園・桜山駐車場及び偕楽橋

納入事例

公園・街路照明 駐車場

偕楽園・桜山駐車場及び偕楽橋茨城県水戸市

四季折々に見所のある偕楽園と偕楽橋の照明設備の改修

Myリストに追加
  • LED
  •  

施設概要

施主
茨城県土木部 水戸土木事務所

竣工

2011年

偕楽園は「日本三名園」の一つで、1842年(天保13年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園された日本庭園です。梅の名所として有名ですが、その他にも四季折々に見所があり1年を通して多くの来園者が訪れます。
メイン駐車場である桜山第1、第2、第3駐車場の照明設備の新規設置および隣接する千波湖と偕楽園を結ぶ偕楽橋の照明設備の改修を行いました。

夜間来園の防犯上の観点から、最低限の明るさを確保し安全性の高い施設にすること、安全性を確保しつつも日本庭園の落ち着いた雰囲気や景観を乱すことのないようにすること、最新技術による照明設備を採用し、省エネ化を推進すること、以上をコンセプトとし、LEDでの照明環境を構築しました。

主な納入器具

このページの先頭へ