Home > 光・環境分野 > 殺菌・滅菌システム > 空気の殺菌 > 空気循環式紫外線清浄機 エアーリア コンパクト

空気循環式紫外線清浄機 エアーリア コンパクト

光の力で細菌・ウイルスを除去

強力な紫外線で、室内の空気を除菌します。

紫外線による除菌は、細胞を司るDNAやRNAに直接作用し不活化させる原理のため、細菌やウイルスが突然変異した場合においても効果が期待できる除菌手段です。

特長

強力な除菌力

強力な紫外線で細菌(枯草菌芽胞)を99%除菌します。

安全・安心

紫外線が外に出ない構造のため、人や室内の品物に影響を与えません。
また、紫外線除菌は薬品と異なり耐性菌をつくりません。

メンテナンスが簡単

フィルター除菌方式と異なりメンテナンスが簡単。
1日24時間の連続使用でも1年近くランプ交換が不要。

用途例

病院・介護施設

  • 病室・待合室・機械室・更衣室などの除菌

食品工場・レストラン

  • 空間に浮遊するカビ類(胞子)、細菌類の発生防止
  • 作業場・厨房殺菌、調理台・機械類への落下菌防止

学校

  • 教室・給食・調理室の浮遊菌・落下菌防止

電子工場

  • クリーンルームなどの浮遊菌・落下菌防止

その他

  • ホテルなどの宿泊施設、学習塾、スポーツクラブ、事務所など
  • ※エアーリアは医療機器ではありません。
  • ※ファン動作音が発生しますので、静かな場所(図書館、美術館など)でのご使用に際しては、ご注意ください。

紫外線による細菌やウイルスの不活化について

細菌やウイルスを不活化させるメカニズムは、細菌やウイルスが持つ遺伝子(DNAやRNA)の光の吸収スペクトルと、紫外線ランプが発するスペクトルが類似しているため細菌やウイルスに紫外線を照射すると、遺伝子(DNAやRNA)で光化学反応が起き、増殖機能を失い死滅にいたるというものです。

細菌やウイルスには多くの種類があり、紫外線による殺菌効果の度合いはさまざまですが、どんな細胞やウイルスであっても遺伝子(RNAやDNA)を持っているので、紫外線による不活化のメカニズムを考えれば、紫外線はあらゆる細菌やウイルスを死滅させる効果が期待できます。

試験室内の浮遊菌数の推移

一般財団法人 北里環境科学センター
(報告書番号:北生発 26_0309号)

※縦軸は対数表示です。
例)縦軸5=10⁵=100,000
 縦軸2=10²=100

※当該データは同等品:横向き天井取付タイプ「エアーリア シーリング(FZS15202GL15/16)」のものです。

空気循環式紫外線清浄機を運転することによる浮遊菌をどの程度除去できるかの評価試験より、
60分で約1/10、180分では約1/100の除去性能がありました。

循環試験データ

空気循環式紫外線清浄機を運転することにより浮遊菌をどの程度除去できるかを試験チャンバーを用いて評価。
評価方法は、日本電機工業会規格JEM1467「家庭用空気清浄機」の付属書D「浮遊ウイルスに対する除去性能評価試験」を参考に実施。

試験概要

室内容積25m³[床面(3.3m×3.5m)×高さ(2.2m)]チャンバーに空気循環式紫外線清浄機(15W 2灯)を中央に設置しネブライザで試験菌液を噴霧して攪拌ファンで浮遊させ、経過時間毎にインピンジャーで吸引し浮遊菌を捕集。
捕集液又は希釈液をTSA培地との混釈平板とし、36±1℃で48時間培養。

試験菌
Bacillus subtilis ATCC 6633(枯草菌芽胞)
試験依頼先
(一財)北里環境科学センター(報告書番号:北生発 26_0309号)

空気循環式紫外線清浄機の設置容量目安

1台当たり1時間で処理可能な空間容積:60m³(天井高2.4mで約16畳)

エアーリア コンパクトの風量は約1.1m³/minなので、1時間に約66m³の空気を処理します。

例えば、天井高2.4mの場合、16畳の部屋にエアーリア コンパクトを1台稼働させると、菌数を1時間で約1/10に低減することが可能です。

※ただし、実際の使用環境では人の出入りなど風通しのある場合もありますので、台数設置の目安としてお考えください。

仕様

空気循環式紫外線清浄機 エアーリア コンパクト

FZST15201GL15/16 (100V専用、50/60Hz共用)

オープン価格 (ランプ同梱包)

本体 鋼板ホワイト
適合ランプ GL15×2灯
消費電力 53.1W (50Hz) / 45.2W (60Hz)
質量 9.6kg
風量(グロス) 1.1m³/min

寸法図

このページの先頭へ

光に関するお悩み、なんでもご相談ください。

紫外線、電子線を利用した殺菌・滅菌はお任せください。
ご要望を伺い、オーダーメイドいたします。

このページの先頭へ