Home > 照明器具・照明分野 > 公園・広場・景観照明 > 良好な照明環境を実現するために

良好な照明環境を実現するために

省エネルギーや光害対策等の社会的課題に配慮した岩崎電気の街路灯。
配光制御技術を駆使したLED器具で省エネルギーを、さまざまな光色やワット数のランプで高効率を、上方光束比を抑えた灯具で光害の低減を実現しています。
ここで、良好な光環境を実現するためのポイントをご紹介します。

良好な照明環境を実現するための3つのポイント

POINT1 照明する目的の確認、安全性の確保

公園、街路などの照明は、交通量や状況に応じて、安全であると同時に容易に「もの」が見える快適な視環境を造ることが目的となります。
さらに繁華街、広場、交通の発着場などでは、人々が楽しむことができるように照明計画を行うことが大切です。

POINT2 光害(ひかりがい)の防止

光害とは

平成10年、環境庁(現環境省)は『光害対策ガイドライン』を策定しました。そこで「良好な照明環境の形成が、漏れ光によって阻害されている状況又はそれによる悪影響」として定義されているのが光害です。
具体的には、以下のものが光害にあたります。

  • 道路灯などの照明が明るく眠れない。
  • 都市部の光が大気中の水分や塵などで拡散されて夜空が明るくなり、天体観測に影響がある。
  • 道路灯などの街灯によって農作物が生育不良を起こす。

光害の種類

光の向きや照射具合によって、光害の原因には以下のようなものが考えられています。

上方光束
照明器具から出る水平より情報へ向かう光束。
漏れ光
照明器具から照射され、その目的とする照明対象範囲外に照射される光。
障害光
漏れ光のうち、光の量か方向、またはその両者により、人の活動や動植物などに悪影響を及ぼす光。

光害について、より詳しくご説明しています。

POINT3 地域特性に沿った「地域照明環境」の実現

地域の社会的状況や自然環境、星の見え方・地球温暖化防止への取組等に対する市民の意識を考慮に入れながら、地域の特色に沿った照明環境が全体的・総合的に実現されていることが求められます。

照明環境の類型

照明環境類型 対象イメージ CIE(国際照明委員会)による環境地域 空間イメージ 上方光束比
照明環境Ⅰ
「あんぜん」
自然公園・里地・田園 本来、暗い場所を伴う領域:国立公園、際立った自然景観をもつ領域 下方向に効率良く光を制御し、周辺環境にやさしい空間を創造します。 0%
照明環境Ⅱ
「あんしん」
里地・郊外 周辺の照度が低い領域:一般的に市街地及び田園地帯の外側の領域(地所に宅地道路基準で照明される道路が含まれる場合) 下方向中心に光を制御し、漏れ光とグレアを抑えながら明るさ感のある空間を演出できます。 0~5%
照明環境Ⅲ
「やすらぎ」
地方都市・大都市圏及び周辺 周辺の照度が中間的な領域:一般的に市街地 下方向と周囲を適度に照らす光で、空間に広がりが生まれ、安心感を持たせます。 5~15%
照明環境Ⅳ
「たのしみ」
都市中心部 周辺の照度が高い領域:一般的に宅地と商業地が混在する市街地で夜間の活動が多い領域 下方向と空間に適度に広がる光が、にぎわいと活気のある空間を創造します。 15~20%

【対策】照明する環境に合わせた照明計画ならびに器具選定が大切です。

このページの先頭へ